体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インタビュー】ジョン・ボイエガ、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のフィン役を語る

Star Wars Episode VII The Force

ジョン・ボイエガは、デビュー作となる2011年の破壊的なSFコメディ映画『アタック・ザ・ブロック』で、見識ある観客に最初の感銘を与えた。しかし、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で裏切り者のストームトルーパーを演じた彼は、スターの座を駆け上がるに違いない。

観客たちがルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)、レイア姫(キャリー・フィッシャー)、ハン・ソロ(ハリソン・フォード)の冒険と共に大人になっていく一方で、壊滅した銀河帝国軍から立ち上がった悪の体制ファースト・オーダーのストームトルーパーたちは、反乱同盟軍(現在はレジスタンスとして知られる)の残存者たちが銀河の脅威であり、我々が知り、愛するヒーローとは違うと信じるよう、洗脳されている。

本誌ヴァラエティは、ファースト・オーダーの手先からレジスタンス側へと移るフィンの旅、デイジー・リドリーが演じるレイとの友人関係、なぜ『スター・ウォーズ』は30年経ってもいまだに第一線の作品とみなされるのか、などについてボイエガに話を聞いた。

フィンのキャラクターの特性の中で、あなたと最も深い関係にあるのはどこですか?

自身の環境に使命を感じない場合、より大きな使命に向けて立ち上がらなければならないという部分だと思います。私はまだ若く、人生は始まったばかりです。まだそれほど多くのことを達成していません。成人としての務めや責任、仕事やその他全ての物事を自分で管理しなくてはならず、もはや両親も面倒を見てくれません。私は、それこそフィンがファースト・オーダーを去る時の旅と同じ類のものだと感じています。彼は訓練カリキュラムから逃れ、支配体制を去り、彼自身の旅に乗り出します。

フィンはファースト・オーダーで育てられ、反乱軍とジェダイに反抗するように洗脳されたと思いますが、彼がずっと教えられていたことの全てを打ち破るのは、どれほど難しいことなのでしょうか?

それは現在も進行中の苦闘です。そこが私の好きなポイントです。ある特定の洗脳を受け、そこから本来の人間の心を取り戻すためには苦闘が必要です。古いメンタリティから逃れるのは至難の業です。「もうそのようには考えられない」という具合に、自分自身を心から納得させされるレベルまで完全に抜け出すのは難しいのです。それこそ、私がフィンの中に見出す素晴らしい部分です。

自分が、正気とは思えない状況にいると気付いたとき、彼はどう行動しますか? 彼は訓練の影響によって、すぐに暴力を振るうのでしょうか、または命令に従う方が楽だと感じるのでしょうか?

私たちは1人ひとり、みな違います。それは即興演奏のようなものです。彼は逃亡中のストームトルーパーですから、彼の決断のほとんどはアドレナリンによるものでしょう。「いいか、ただこのブラスターを持って逃げるんだ」と。最初は良いですが、徐々に変化します。その変化を発見することが、観客の喜びにつながるのです。

あなたは本作の続編に対して大きな役割りを担っています。J・J・エイブラムス監督と(脚本を担当した)ローレンス・カスダンは、あなたがキャスティングされる前から綿密な計画を持っていたに違いありませんが、あなたが入ってからは、どのようなコラボレーションがありましたか? あなたが演じることによって、フィンのキャラクターにどのような変化があったと思いますか?

彼らはたくさんの綿密な計画を練っていました。しかし、ポイントは、即興で演じても、独自の役作りをしても良いという、広い選択肢を残していたことです。フィンのオーディションには、私以外にも様々な人が参加していました。そこには同じキャラクターなのに役者によって違うバージョンがあり、彼らはそうしたオーガニックな部分を許していたのです。したがって、とても協力的でした。J・Jは役を開発する主導権を私に与えてくれました。それは、私にとってとても重要なことです。

役柄としてフィンのキャラクターに取り組むとき、あなたを突き動かしたものは何ですか?

私は、映画『ウォリアーズ』や映画『ジョン・カーペンターの要塞警察』のような愛しい作品たちの、思いもよらないヒーロー物語に戻りたいと思いました。現実ならあり得ないような凄い男たちが、映画が始まると「これしかない」という印象になります。そして、作品の中で彼らはより大きな何かに成長し、現実味を帯びていきます。その過程が私は好きなのです。そうした要素が、私をこの役に引き込んでいきました。

1 2次のページ
Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会