ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絶対に外れない「ワイヤレスイヤホン」 1億円以上の資金を集める

DATE:
  • ガジェット通信を≫


運動中も100%フィット
(被験者500人!)

音楽デバイスの進化は日進月歩で改善し、いまやウェアラブルが基本。ではイヤホンはといえば…。誰もがこんな経験があるのでは?音楽を聞きながらジョギングをしていると、耳からイヤホンがぽろっ。

いくらデバイスが小さくなろうと、スポーツマンの“ながら聴き”を満足させるには、動いていても耳から外れないワイヤレスイヤホンの開発が必須でした。

一人ひとり異なる耳の形状にジャストフィットするよう、試作を重ねて生み出されたカタチがPhazon独特の「ツイスト構造」です。つまりは、ひねり。イヤホン装着時、耳の中へと微妙にねじりながら入っていくことで、絶対に取れないカタチを造り出したそう。開発段階で被験者500人の耳にはめ込み、あらゆる運動をトライ。結果はフィット率100%を達成。“絶対に外れない神話”が完成しました。

では、どれほど動いても大丈夫なのか。ここからが注目です!

走る、飛ぶ、泳ぐ!
あらゆる運動にフィット

ジョギングレベルから、もう一段激しいトレーニングにシフトした映像がこちら。短距離走でダッシュしたり、縄跳びを飛んでもしっかり耳にフィット。もちろん、音が途切れる心配もないんだそう。

Phazonは、ただ外れにくいだけではありません。驚異の耐水性も特徴のひとつ。泳いでいても安心して使えるんだそう。スゴい!

さすがに、その衝撃には…安心してください!外れてませんよ(笑)。

スポーツマン熱望
目標額1,243%超え!


スポーツを愛する人々からこれが、どれだけ熱望されているかは、クラウドファウンディングに寄せられた出資金額からも一目瞭然。まだ、公開期間中にも関わらず、目標額1,243%超えの994,070ドル(約1億2,000万円)が集まっています。

潤沢な資金を得て、Phazonの機能はどんどん充実していくようです。すでにBluetooth4.1対応済なうえ、バッテリーUSBチャージ機能、スマートウォッチとの互換性、更には専用アプリをダウンロードすれば、うっかりどこかに置き忘れたPhazonまでの距離を告知してくれる優しい機能まで。

ランナー、スイマー、クライマー、ありとあらゆるスポーツを愛する人々のマストアイテムになること間違いなし。ちなみに、先行販売価格は149ドル(約17,000円)。これもイイ!

Licensed material used with permission by Phazon

関連記事リンク(外部サイト)

【最大時速45km】車輪に装着するだけで「電動自転車」になるパーツ
レンズはなんと16個!?撮影後に「ボカシ」が入る高機能カメラ
人の感情が読み取れる「グーグルグラス」が開発中。自閉症児のサポートにも

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP