体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「お金が貯まる人」と「お金が貯まらない人」の5つの違い

Businessman Holding Large And Small Piggy Bank

「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?実は、収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる習慣を身に着け、日々実行している人のことなのです。

「贅沢はしていないつもりなのに、なかなか貯金できない…」と悩む人は、お金が貯まらない人にありがちな習慣が染みついてしまっているのかも知れません。では「お金が貯まる人」と「お金が貯まらない人」の習慣とはどう違うのでしょうか?

1.先に貯金?後に貯金?毎月の貯金方法による違い

毎月の貯金方法

【お金が貯まる人】

給料天引きで毎月決まった額を貯金している

毎月確実に貯金ができる人は、たとえ手取りが少なくても給料が振り込まれたらすぐに貯蓄分を別に取り分け、残ったお金で生活するようにしています。
「要るものは要る」と無計画に買い物をするのではなく「決まった金額に収められるよう、生活の方法を工夫する」という考え方で生活をしています。

【お金が貯まらない人】

毎月できるだけ節約をして、余った分を貯金に回している

これは誰でも一度はしがちな決心ですが、挫折して終わった人は多いはず。
「できるだけ」節約、「余った分」を貯金というあいまいな決心はなし崩しに終わりがちです。

2.目的別に分けている?貯金口座の違い

【お金が貯まる人】

貯蓄用の口座を、生活用の口座とは別に作っている

毎月の貯金分は、貯蓄専用の別口座を作ってそこに移します。
貯蓄用の口座はなるべく金利のいい銀行を調べて決めています。(一概には言えませんがインターネット銀行は比較的金利がいいようです)そして貯蓄用の口座はわざとキャッシュカードを作らないなどして、容易におろせないように工夫をしています。

【お金が貯まらない人】

銀行の総合口座で普段の生活費と貯金をひとまとめにして管理している

銀行の総合口座で、生活用の普通預金と貯蓄用の定期預金を一緒に管理すると便利ですね。
しかし貯蓄を比較的簡単に崩せてしまうことが欠点です。
ピンチの時に当座貸越という、簡単に言えば定期預金を担保に借金ができるシステムも容易に利用できてしまうので、本気で貯金をしたいと考えている人には不向きです。

3.欲しいものは我慢する?買ってしまう?買い物をするときの違い

欲しいものは買う

【お金が貯まる人】

本当に欲しいものは計画を立てて買う

どうしても欲しいと思うものは、ぜいたく品であっても我慢せずに購入します。
節約に励む日々を潤してくれるものは「心の必需品」だからです。
お金が貯まる人は、本当に欲しいものがあれば購入資金を月々積立て、計画的に手に入れています。

【お金が貯まらない人】

生活に必要がないものは我慢、一切買わない

出費をとにかく切り詰める一方で生活していると、人間いつかは爆発し、反動でひどく無価値な浪費に走ってしまいがちです。
または日常生活の中で「自分へのごほうび」と称して小さな浪費を繰り返してしまうことにつながります。
心当たりのある方は、お金の使い方にメリハリをつけましょう。
一見生活に必要がないものでも、全てを我慢する必要はありません。

4.最も差がつく?普段のお金の使い方の違い

【お金が貯まる人】

小さなお金を大切にし、無駄な出費をしない工夫をしている

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy