体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全長140メートル超の石垣マルチ・プロジェクションと雪景色のイルミネーション 『第40回弘前城雪燈籠まつり』開催!

DSC_0259

春の桜で有名な弘前公園にて、2月11日より14日までの4日間、『弘前城雪燈籠まつり』が開催される。弘前城といえば、昨年に本丸石垣修理のために天守を持ち上げて引っ張る大工事、曳屋を行ったことでも話題となった城だ。

DSC_0216

『弘前城雪燈籠まつり』は、“みちのく五大雪まつり”のひとつで、1977年にスタート、今年で第40回目を迎える。北国特有の悩みでもある“雪”を活用して雪燈籠や雪像を市民が手作りするなど、“雪に親しもう”という目的のもと開催されているイベントだ。

桜だけじゃない! 雪も楽しめる弘前!

DSC_0198

会場となる弘前公園では、期間中、園内の各所で様々な展示やイベントが実施されている。メイン会場となる四の丸では、大きな滑り台や、陸上自衛隊弘前駐屯地協力隊による、弘前城天守を題材とした大雪像を制作。制作した大雪像をスクリーンにしたプロジェクションマッピングも実施される。

DSC_0197 DSC_0230 DSC_0270

また、公園内には200基に及ぶ大小様々な燈籠や雪像が設置。本丸から岩木山を望む蓮池の周りには、ローソクを灯したミニカマクラ約300基が並び、幽玄の世界へと誘う。さらに本丸では、曳屋により移動した天守の周辺に雪燈籠を配置し、より趣きのある情景を演出する。

昨年11月下旬からは、中心商店街などをイルミネーションやライトアップで彩る『弘前エレクトリカルファンタジー』を実施している。真っ白な雪化粧をほどこされた町に色鮮やかなライトが映え、ファンタジックな弘前を感じることができるだろう。

hirosakief1 hirosakief2 hirosakief3
1 2次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy