ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャネット・ジャクソン、咽喉がんの噂を否定「私はがんではない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 “がん説”が一部で流れていたジャネット・ジャクソンだが、どうやらデマだったようだ。ジャネットは1月6日、“昨今のツアー・キャンセルは咽喉がんを患ったためだ”とする噂に対し、自身のツイッターに一本のビデオを掲載する形で声明を出した。

 同ビデオでは初めに、アルバム『アンブレイカブル』に収録された「ザ・グレイト・フォーエヴァー」の“Sources say but where ya gettin’ it / Don’t create the truth you like(情報源たちはあなたが得たことと違うことを言う/勝手に事実を作らないで)”などといった歌詞が、映画『スター・ウォーズ』のオープニング・ロールのごとく下から上へスクロールしながら映し出される。

 その後、ジャネットによるコメントが画面上に登場し、そこには「覚えておいて……私の口から聞いたものを信じるの。私はがんではないわ。回復中よ。医者たちはヨーロッパで予定しているコンサート・スケジュールを許可してくれているの。そして約束するわ、延期したショーがリスケジュールされることを」と綴られている。

 メッセージの最後は「みんなの祈りと愛に感謝します」と締めくくられている。

 ジャネット・ジャクソンは【アンブレイカブル・ワールド・ツアー】日程を幾つかキャンセルした後、1月9日のデンバーでのペプシ・センター公演から再開する予定としていたものの、先月、手術を受けるため春までツアー自体を延期すると発表した。現在49歳の彼女にとって2011年以来のツアーだった。

 最新アルバム『アンブレイカブル』が全米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で首位となったことにより、ジャネットは1980年、1990年、2000年、2010年代と4つの年代それぞれでアルバムNo.1を獲得した史上3組目のアーティストとなった。

関連記事リンク(外部サイト)

“リユニオン”ガンズ・アンド・ローゼズにダフも参加決定、イジーとスティーヴンは?
メーガン・トレイナーのデビュー作『タイトル』、発売1年でミリオン達成
フォール・アウト・ボーイ、イン・シンクをパロったMV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP