ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

試着室ですべてが完了!?日本でもおなじみの米大手ブランドの試着室がハイテク過ぎる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もう実際にお店で服を試着する必要はなくなるかもしれない……ラルフローレンのニューヨークのお店で、2015年11月から採用されている試着室が注目を集めている。

試着室の鏡がタッチスクリーンになり、アイテムの選択から購入までサポートしてくれるのだ。

5つの便利な機能

oak Labs社が開発したこの試着室用タッチスクリーンは、5つの便利な機能を持つ。

・部屋の照明を変えられること。着たいシーンに合わせて、日中からクラブまで想定した照明を選べる。

・カラー・サイズを選べること。在庫も一目瞭然だ。スタイリストのオススメアイテムま
で表示される。

・担当スタッフが分かること。スタッフが試着用のアイテムを持ってきてくれる。

・言語の選択。英語はもちろん中国語や日本語にも対応。

・スマホへの情報共有、そして決済もその場で可能となる。

店内でアイテムを探してウロウロせずに済む

この試着室をを使えば、入店~決済まで試着室を離れる必要がなく、すべて完結させることができる。

アイテムを探して、店内を歩き疲れた…なんてことはもう無くなるかもしれない。お店側にとっても、最低限必要なサポートをタッチスクリーンが行ってくれるため、人件費の削減やサービスのクオリティ向上にもつながる。

このサービスは現在試験中のため、利用できる場所はニューヨークの店舗のみ。今後の展開次第では、日本で利用できる日が来るかもしれない。

Oak Labs

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP