ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2016 : Bang & Olufsen、Google Cast for Audioをサポートしたサウンドバー「BeoSound 35」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デンマークのオーディオ機器メーカー Bang & Olufsen が Google Cast for Audio をサポートしたサウンドバー「BeoSound 35」を CES 2016 イベントで発表しました。BeoSound は横長で細長いスピーカーで、通常はテレビの前に設置することで手軽に音をサラウンドサウンドで視聴できるようになりますが、Google Cast for Audio をサポートしたことで、テレビの音だけではなく、Android アプリの音もサラウンドサウンドで視聴できるようになります。この製品は、「オールインワンの家庭用ワイヤレスミュージックシステム」と呼ばれるくらい機能が豊富で、Google Cast for Audio だけではなく、Bluetooth、AirPlay、DLNA にも対応しています。また、 BeoRemote や BeoMusic などのアプリにも対応しています。BeoSound 35 の価格は VAT 込み £1,745(約 35 万円)で、2016 年 4 月中旬に発売されます。

■関連記事
ExoLens、ZEISSレンズを使用したiPhone用カメラレンズキット「ExoLens with optics by ZEISS」を発表
匿名で利用できる短文投稿サイト「GOOD MOOD」がオープン
KEYROUTE、「アイ」のプロローグアプリ第三弾「森のスイーツ屋さん~アプリコット編~」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP