体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2016年のディズニー配給映画13作品を紹介、『アリス』続編や『スター・ウォーズ』スピンオフ作品など

Alice

米ディズニーは記録破りの映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で2015年を締めくくり、全世界で膨大な観客数をかき集めた。1月5日(現地時間)、同スタジオは『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ作品、映画『Rogue One: A Star Wars Story(原題)』を始め、ピクサーやマーベルのそうそうたる作品など、2016年の作品上映スケジュールをあらすじやアートワークと共に公開した。

『Rogue One: A Star Wars Story(原題)』は『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ作品で、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』よりも前の出来事を描く。クリスマスシーズンに公開される同作は、反乱軍の隊員が邪悪なデス・スターの設計図を盗み出すストーリーが描かれる。

米ディズニーが配給する13作品の中には、『Rogue One: A Star Wars Story(原題)』やマーベルの映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』など待望の超大作がある一方で、映画『ザ・ブリザード』やスタジオで広く愛されたシリーズ『ジャングル・ブック』のリメイク版など、それほど有名ではない作品も含まれる。ラドヤード・キプリングの原作を基にジョン・ファヴロー監督が手掛ける映画『Jungle Book(原題)』は、実写とアニメーションの要素を融合して製作される。

米ディズニーは2015年、同社の新記録となる全世界興行収入58億5000万ドルを稼ぎ出した。2016年のリストにはまだ補足が待たれる情報もあるが、その大半を旧作やクラシック作品の続編やリメイク、スピンオフとして製作されるものが占め、下記の日程で公開される予定だ(日付は米国内の劇場公開予定日)。

1月29日:映画『ザ・ブリザード』-クリス・パインが主演を務め、沿岸警備隊の救助ミッションを描く。

3月4日:映画『ズートピア』-ディズニー・アニメーション・スタジオによよる55番目の作品で、ズートピア警察署の新人刑事のウサギをフィーチャーしている。ひそかにキツネと組み、ミステリーに挑む。ジニファー・グッドウィンがジュディー・ホップス巡査(ウサギ)の声を演じ、ジェイソン・ベイトマンがニック・ワイド(キツネ)の声を演じる。

4月15日:映画『Jungle Book(原題)』-新人俳優ニール・セティが演じる少年モーグリを中心に、『ジャングル・ブック』がスクリーンに帰ってくる。アニメーションで描かれるジャングルのキャラクターには、黒ヒョウのバギーラ(ベン・キングズレー)、自由奔放な熊のバルー(ビル・マーレイ)、母オオカミのラクシャ(ルピタ・ニョンゴ)などが名を連ねる。

Marvel's Captain America: Civil War

5月16日:映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』-クリス・エヴァンス演じるキャプテン・アメリカとロバート・ダウニー・Jr演じるアイアンマンが対立し、他のヒーローたちも互いの陣営に分裂してしまう。

1 2次のページ
Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。