ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【この発想はなかった】スーツケースに、一瞬で荷物が収納できる「Luggashelf」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パッキングが苦手な人のための便利グッズを紹介しましょう。この商品が効果を発揮するのは、目的地のホテルに到着した、その瞬間です!

スーツケースからそのまま
ハンガーに掛けるだけ !

目的地のホテルに到着したら、スーツケースを開いてサッ、チャッ、パッ。これだけ、まさに瞬間技。荷解きに時間をかける必要もなく、すぐに観光へと繰り出せるスグレモノ。
写真でもお分かりのように、この商品「Luggashelf」は、旅先でハンガーにかけた状態のまま衣類や小物を収納できる、便利なインケース。

クローゼットでスーツケースを開いたら、サッ。

付属のハンガーを持ってそのままチャ。

後はハンガーレールにパッ。以上!

機能的かつ効率的、整理整頓が苦手な人でも、区分けされたスペースにさえ洋服をたたんで入れておけば、取り出しも自由自在。パッキングする際もハンガーにかけながら収納すれば、開いた時のイメージが付きやすいのも利点でしょう。なんなら、普段からこのままクローゼットで利用することだってOK!?

機内持ち込み可能なキャリーバッグに、すっぽり縦に収まるサイズ(30.48センチ×39.37センチ)です。棚は4段、サイドにはファスナー付きのポケットが3つ。

フルサイズのスーツケースに収めるときは横位置。靴でもお土産でも収納できるフリースベースが十二分に確保されています。

出張や連泊にも最適
時間をムダにしない

Luggashelfの活躍の場は旅行よりもむしろ、ビジネスマンの出張にあるかもしれません。
たとえば、目的地を数か所周ってホテルを転々と移動する人。出しては仕舞いを繰り返しているうちに、いつしかスーツケースの中はぐちゃぐちゃ。なきにしもあらずですよね。Luggashelfの利点は、言うまでもなく収納も取り出しも便利なところ。さらには、それぞれの仕切りを滞在日数ごとの衣類でまとめる小技も効きそうです。

 イライラ解消から誕生
快適旅行の必需品かも

こちらが、Luggashelfを開発したMikeとNivea夫妻。旅行好きな彼らは、これまで各国を旅する中で、荷造りのイライラを解消する方法を考えに考え、思いついたのがこの“蛇腹式ケースインケース”のアイデアだったそうですよ。
クローゼットに直接、吊るすタイプの収納ケースはありますが、それが旅先でも応用できることに焦点を当てたカップルのアイデア勝ちでしょう。

ところで、このLuggashelfですが1つお値段25ドル(約3,000円)で、すでに公式サイトにて販売中。気になる人はドーゾ。

Licensed material used with permission by Luggashelf

関連記事リンク(外部サイト)

【冬季限定】氷のベットで寝れる!「アイスホテル」が北海道に出現
瀬戸内海の夕陽をひとりじめできるホテルが美しい・・・
「観光客」と「旅人」の違いを描いた14枚のイラスト

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP