ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2016年ネイルの新しいカタチ。筆使いでネイルアートの幅が広がる♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

筆の特性を生かしてネイルアートを描く

筆の特性を生かしてネイルアートを描く

昔と比べて今は、何をデザインするにもそれにふさわしい筆が販売されています。
その筆をどのように、何に使ったらいいのか分からないまま、何となく使っている方も多いとか。筆の良さを最大限に生かしながらデザインすることができると、今以上にクオリティの高い作品になると思います。
写真の筆はアンギュラー筆といって、先端が斜めにカットされている筆。
トールペイントをイメージして使って下さい。
筆半分にカラーを乗せて、スライドさせるとグラデーションが描けます。
こちらでデザインしたのが、こげ茶色一色のみで描いたフラワーアート。奥行きが出て立体感のあるお花が描けます。

 
毛皮をイメージしたアートもできる!

毛皮をイメージしたアートもできる!

次に髪の毛をとかすコームのように、隙間がスカスカになったブラシ。
見ての通りスカスカの線のような柄を描くことができます。圧を掛けずに上から下にコームでひっかくようにして使います。
こちらでデザインしたのが、写真のネイルです。毛皮をイメージして仕上げた柄です。

 
筆先の丸いラインを使った花びらアート

筆先の丸いラインを使った花びらアート

最後にこのオーバル型の筆。
筆に白と赤、白とグレーのように2色のカラーを取り、花びら一枚一枚を筆の圧で大きさを変えて描いていきます。
本来なら、キューティクルラインに沿って丸いラインを綺麗にワンカラーで塗れるようにと考えられた筆ですが、その丸さを利用して花びらを描いたわけです。
いかがでしたでしょうか。
これは数ある筆の中の、ほんの一部です。
それぞれの筆の特性を存分に生かして、デザインしてみてください。

安齋梨恵(Vivian Nail Salon)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。