体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

苺大福なの?シュークリームなの?ビアードパパから和スイーツ「白雪だいふくシュー」が新発売!

フランス菓子「ココフラン」をはじめとする国内約208店舗を有する麦の穂は、運営するシュークリームの「ビアードパパ」にて1月7日(木)、まるで苺大福のような和風シュークリーム「白雪だいふくシュー」を期間限定で販売開始した。

同商品は、しっとりしたソフトな食感に焼き上げたシュー生地に求肥(ぎゅうひ=こねた白玉粉に水あめと砂糖を入れて練って蒸した薄いもちのような菓子)を上からかぶせるようにして包み、北海道十勝産小豆のこしあんと甘酸っぱい苺を合わせたやさしい味のクリームを詰めたもの。まさしく苺大福のようなテイストのシュークリームだ。

形や見た目は、コロコロと丸く白いわたぼうしをかぶった仕上がりで、冬らしくかわいいシュークリームとなっている。

白雪だいふくシューは税込230円。全国のビアードパパにて順次発売~2月末までの販売予定だ。なお、JR京都駅アスティ店やnonowa西国分寺店などの一部店舗では販売を行わないので近くのお店に出向く前にまずは確認してみて。

ビアードパパは、シュー生地を全てオーブンで焼き上げ、クリームは毎日お店で手作り。注文を受けてクリームを詰める実演販売スタイルで、いつも作りたてを味わえる。

和室のこたつで温かいお茶と一緒に楽しんでみて!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。