ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1週間で20万DL 大人もハマる「塗り絵アプリ」がスゴい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大人の塗り絵の人気が止まりません。ストレス解消、脳トレ、新たな趣味の発掘…ハマる理由も人それぞれ。ここで紹介するのは、最近話題の大人気塗り絵アプリ。モバイル端末で操作できるお手軽感以上に、まるで画用紙に描いているかのような“リアル感”が人気の秘訣です。

塗りだしたら止まらない!?
大人専用の塗り絵アプリ

開発者があえて、“大人のための塗り絵アプリ”と称す「Pigiment」。2015年暮れにリリースされ、1週間も経たないうちに20万ダウンロードを突破したんだとか。
インターフェースが紙からアプリに変わっただけで、基本的には塗り絵本と、一切変わりはありません。でも、ダウンロードさえすれば、いつでもどこでも塗り絵がさくさく楽しめる。更に、そのクオリティも想像以上なんです。

Pigmentには植物や動物、さらには幾何学模様など、現時点では200以上のモチーフが用意されています。当然、アップデートするごとに今後もどんどん増えていくことでしょう。

さて、好みのモチーフを選んだ後は、色鉛筆、マーカー、ペイントブラシ、エアブラシなど8種類の着色ツールから選択。キュレーションパレットから選択できる色は無制限。濃淡をつけることもできるようです。塗り絵ブック以上に無限の広がりがありそう。

スタライズペンで
リアルな質感を再現できる


では、実際デバイス上にどうやって色を着けていくか?もちろん指でもOKですが、ここは、Apple Pencilやタッチパネル用のスタイラスペンでいきたいところ。やっぱり、塗っている感を味わいたいですからね。
ちなみに、3D Touchにも対応しているというから、筆圧による色の濃淡まで再現してくれるようです。ね、スゴいでしょ?

イライラが爆発する前に
塗り絵でストレス解消!


指2本を使ってピンチイン、アウトすれば、細部に寄ったり全体を俯瞰して観ることもできます。できあがった作品は、収納ファイル「My Work」でどんどんコレクションしていけるので、塗った作品を貯めていくのも楽しみのひとつ。

仕事中でも移動中でも、時間を見つけてちょこっと塗ったり、ストレスやイライラが爆発しそうになったら、アプリを開いてささっと塗り絵なんて使い方も◎。「大人のための塗り絵アプリ」って、つまりそういう使い方ができるからでは?

さっそく試してみたい!という人は、こちらからダウンロードを。没頭すること請け合いですよ。

Reference:iMore,
Licensed material used with permission by PIXITE

関連記事リンク(外部サイト)

「恋人に居場所がバレる」Facebookの新機能に賛否両論
1日に9時間!?子どものメディア接触時間は、睡眠時間より長いと判明(米調査)
【世界初】トイレマッチングサイト「SUKKIRI」。大丈夫、もう漏れない。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP