ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

和のコンセプトショップ「雨晴」オープン、キーワードは”食・茶・酒”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年12月、東京・白金台に「雨晴(あまはれ)」がオープンしました。

雨晴を手掛けるのは、イタリア発のインテリアブランド「GERVASONI(ジェルバゾーニ)」などの輸入販売も行う南陽オモビト。「雨の日も晴れの日も心からくつろげるくらし」をコンセプトとし、和の器やお酒の道具、お茶の道具など、食・茶・酒をキーワードに日本全国から選りすぐられたアイテムが販売されています。

ショップは1970年代に建てられたビンテージマンションの1階にあり、現代的なデザインが加わった和の空間。今後は、雨晴オリジナルアイテムも企画販売する予定という。

東京にまた1つ独自の個性を放つお店が誕生しました。日々の暮らしに彩りを添えてくれるアイテムと出会いに、足をお運びください。 雨晴

住所:東京都港区白金台5-5-2

営業時間:11:00~19:30

定休日:水曜日

問い合わせ:03-3280-0766/info@amahare.jp/http://amahare.jp/

Writing:Akiko Okawa

Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事リンク(外部サイト)

シンプルを極めた木箱のルームスピーカー「GS BOX SPEAKER by TAGUCHI CRAFTEC」発売
薄くて柔らかい木製品!? 西陣織 × 突き板技術で生まれた「WOODUM(ウッダム)」
外苑前・doinelで「冬のセール/蚤の市」開催! 北欧ヴィンテージも

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP