ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

漫画好き必見!関西・中国エリアの漫画読み放題スポット3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

漫画好きにとって「漫画読み放題」はなんとも魅力的な響き。漫画喫茶ではなく、ちゃんとしたライブラリーや図書館でできるって知っていましたか?中には入館料無料のスポットもありお財布にも嬉しいですね。

どれも室内だから冬のおでかけにぴったり!いろんな体験メニューもあるのでぜひチェックしてみてください!

1.京都国際マンガミュージアム<京都府・京都市>

5万冊の漫画の壁に圧倒!校庭でのんびり読書も。

漫画が置いてあるだけではなく、漫画とは何か?その歴史や多様性についてもしっかり解説

マンガ所蔵数30万点以上の京都国際マンガミュージアム。図書館と博物館を備えた漫画の総合博物館です。所蔵数は30万点以上で、うち5万冊は自由に閲覧可能。

天気のいい晴れた日など敷地内の芝生へ持ち出して読んでもOKです。こどもが楽しめるよう絵本がたくさんおかれたこども図書館もあります。

イベントにも注目!

マンガ工房

毎週土日、祝日にはマンガ制作の現場を公開。プロが下描きから完成までを実演します。普段は知ることができない作品の裏側が知れる貴重なイベントです。

毎日行われている紙芝居口演イベント。週末にはワークショップも

京都国際マンガミュージアム

TEL/075-254-7414

住所/京都府京都市中京区烏丸通御池上ル

営業時間/10時~18時(入館~17時30分)

定休日/水(祝の場合は翌日)、年末年始

料金/入館料大人800円、中・高校生300円、小学生100円

アクセス/電車:地下鉄烏丸御池駅より徒歩2分

車:名神高速京都南ICより北へ15分

駐車場/なし

「京都国際マンガミュージアム」の詳細はこちら

2.宝塚市立手塚治虫記念館<兵庫県・宝塚市>

アトムやレオ、リボンの騎士など永遠のヒーロー達が集結!

アニメ制作の初歩を体験できるアニメ工房

「火の鳥」に登場する生命維持装置をモチーフにした展示カプセル

ライブラリー2000冊以上の宝塚市立手塚治虫記念館。手塚治虫のマンガが自由に読めるライブラリーや、オリジナル映像作品を上映するアトムビジョンなどがあり、館内は手塚アニメのキャラクターで満載です。アニメの原点がここにあります。

イベントにも注目!

アニメ・漫画体験教室

不定期でアニメや漫画の制作体験教室を実施(無料)しています。実際に自分で漫画を書いてみる機会はとても貴重。HPで告知があるのでチェックをしましょう。 宝塚市立手塚治虫記念館

TEL/0797-81-2970

住所/兵庫県宝塚市武庫川町7-65

営業時間/9時30分~17時(入館~16時30分)

定休日/水(祝の場合は開館)、12/29~31、2/22~3/2

料金/入館料大人700円、中・高校生300円、小学生100円

アクセス/電車:阪急・JR宝塚駅より徒歩8分

車:中国道宝塚ICより5分

駐車場/なし

「宝塚市立手塚治虫記念館」の詳細はこちら

3.広島マンガ図書館<広島県・広島市>

レアな漫画もいっぱい無料で読み放題!

漫画は建物の2階に所蔵。週刊誌や月刊誌も最新が置いてある

広島を題材にした作品などが並ぶひろしまコーナーも

比治山公園内にある緑に囲まれた図書館。約10万冊の漫画を所蔵し、歴史あるレアな作品から、人気の最新作品まで幅広く揃っています。

手続きをすれば1人10冊まで持ち出しもでき、青空読書も楽しめます。無料で好きなだけ漫画が読める人気のスポットです。

予約でこれも楽しめます

漫画&イラスト講座

不定期で漫画・イラスト講座を実施しています(電話で要予約・無料)。プロの漫画家から学べる貴重な体験です。 広島マンガ図書館

TEL/082-261-0330

住所/広島県広島市南区比治山公園1-4

営業時間/10時~17時

定休日/月、祝の翌日、年末年始

アクセス/電車:広電比治山下電停より徒歩10分

車:広島高速大州出口より10分

駐車場/120台(無料)

「広島マンガ図書館」の詳細はこちら

まとめ

以上、漫画好き必見の漫画読み放題スポットを3つを紹介しました。漫画家の魂のこもったたくさんの作品が好きなだけ読めるのは本当に贅沢なスポットです。

寒くて外へのお出かけがつらいとき、雨の時などはぜひこちらに足を運んでみましょう。

※この記事は2015年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

雪と光のコラボが美しい!2月まで楽しめる東北のイルミネーション5選
仕事疲れにゆったり。あえて行きたい!東京・千葉のおすすめ銭湯6選
銭湯好きの心をくすぐるアレ!懐かしく心をくすぐる日本の銭湯6選

じゃらんニュース
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP