ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年をとるほど「時間が早く感じる」理由とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大人になって、時間が経つのがはやくなった…と感じることはありませんか? また、同じ時間でも活動内容が違うと時間の感じ方もかわってきますよね。

時間が早く感じる理由や、人生を楽しく充実して過ごせるためのアイディアを提案していきます。

年齢と時間の感じ方の関係

フランスの哲学者、ポール・ジャネによって発案された時間に関係する法則に、「ポールの法則」というものがあります。ポールの法則とは、年少者は年月を長く感じ、年長者は年月を短く感じやすいという心理学的の法則です。たとえば、同じ1年でも、50歳の人と5歳児では時間の長さにおいて感じ方が異なるそうです。

同じ事を日々繰り返していると時間を短く感じる

日々同じ事を繰り返していると、人間の脳は時間を短く見積もる、という説があります。同じ事を繰り返す場合、脳に新しい刺激が与えられず、脳が処理する情報量が限定されてしまいます。その場合、人間は時の流れを速く感じるのだそうです。つまり、脳の働かせ方によって時間感覚の長短が変わるというわけです。

心拍数と時間の感じ方について

心拍数が多いと時間を速く感じ、心拍数が少ないと時間を遅く感じるようです。心拍数が多いと行動のテンポが速く、その分一日に使える時間が相対的に増え、時間を長く感じやすいようです。例えば大人と子供で比べると、大人は子供に比べて心拍数が多いため行動のテンポが早く、時間を長く感じる傾向にあるようです。

時間の感じ方と記憶量に違いについて

脳が保存する情報量が少ないと、時間経過を速く感じやすいそうです。子供と大人では時間の感じ方が違うと言われることが多いですが、これが一つの大きな原因となっています。子供のうちは生きている時間がまだ短く、人生が常に新しいことだらけで、様々な情報を記憶していたので、脳が保存する情報量は多く、時間経過を短く感じています。これに対し、大人になると、今まで記憶した事や経験した事のみで物事を対処することが多く、新しく何かを記憶することがなくなり、時間を速く感じるようになります。

時間の感じ方を踏まえ、人生を充実させるには

結局、上述の通り、脳への刺激が時間感覚と大きく関わっています。脳への刺激が少ないと時間を長く感じるようになり、さらには人生が冗長で退屈なものとなりがちです。何もすることがなかったり人生に刺激がなかったりすると時間を長く感じやすいのです。

逆に言うと、常に新しいことにチャンレジし、脳に刺激を与え続けることで時間を短く感じやすくなり、人生が充実していくことでしょう。例えば、行ったことのない場所を訪れたり、新しく何かの勉強を始めたり、積極的に交友関係を広げて今まで付き合ったことのないタイプの人と関わってみたり・・・と新しいことにチャレンジすることで脳が刺激されて時間を短く感じ、人生が充実していくことでしょう。

時間が早く感じる理由には色々な理由があるようです。常に新しい経験をして脳に情報や刺激を送ることによって毎日豊かで充実した長い時間をすごすことができるようです。みなさんも新しいこと始めることで、楽しい時間をすごしてみるのはいかがでしょうか。

関連記事リンク(外部サイト)

世界の成功者9人、驚きの「タイムマネジメント術」。MTG中は必ず・・・
プレゼン上手な人は知っている「25の秘訣」
2016年を迎える前に、サヨナラすべき16の「人・モノ・習慣」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP