ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お正月太りを美味しく解消♪“ひと味違うカプレーゼ”のレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

食べ過ぎ防止には「ひと味違うカプレーゼ」がオススメ!

お正月太りが気になるけれど、美味しいお料理を目にするとついつい食べてしまうことも。そんなあなたにおすすめのレシピが、食べ過ぎ防止に役立つ「ひと味違うカプレーゼ」。カプレーゼとはイタリア料理によく出される前菜メニューですが、「五つの味=五味」を意識して作ると、前菜だけでも満足できる一品に仕上がります。
五味とは人間の五種の味覚、甘辛酸塩苦のこと。つまり、ドライマンゴーの甘味、黒こしょうの辛味、トマトの酸味、塩の塩味、オリーブオイルの苦味。この五つの味が折りなすお料理は、それだけでも心身を満たし、もっと食べたいという欲求を抑えます。
痩せたいという方、ダイエットが長続きしない方も、ぜひ試してみてください。意外と少量でも満足できることに驚くかもしれません。

 

トマトで脂肪燃焼&オリーブオイルで中性脂肪撃退!

■材料(2人分)
トマト 中1個(80g)
クリームチーズ 小さじ4
バジルの葉 8枚
オリーブオイル(エキストラバージン) 大さじ1
ワインビネガー 小さじ1
塩 ひとつまみ
粗びき黒こしょう 適量
好みでドライマンゴー 2枚
■作り方
①トマトを4枚の輪切りにする。水分が多い場合は表面の水分をクッキングシートでふき取る。
②①をお皿に並べ、クリームチーズ、バジルの葉を乗せ、塩、黒こしょうをふりかけ、ワインビネガー、オリーブオイルを回しかける。好みでドライマンゴーをちぎって乗せる。

 

美味しくなるポイント!

・まろやかなクリームチーズとトマトの酸味は相性抜群。塩とワインビネガーで味を引き締めてくれて、さらにオリーブオイルが素材の味をまとめ、引き立ててくれます。
・酸味が気になる場合や、渋みの強いワインやドライ系のお酒と合わせる場合は、ドライマンゴーを加えると美味しくいただけます。
・クリームチーズはモッツァレラチーズやカッテージチーズでもOKです。
・ヘルシーにしたい方はチーズを手作りしましょう。豆乳にレモン果汁を加えて中火にかけ、木べらで混ぜるとそぼろ状のチーズができます。

藤井香江(kaefujii)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP