ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

FTISLAND、メジャーデビュー5周年の集大成ライブをWOWOWで1/10放送

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年メジャーデビュー5周年を迎えた韓国出身の5人組ロックバンド、FTISLAND。最新シングル「PUPPY」を携えた、アニバーサリーツアーのファイナルとなった10月29日の東京・日本武道館公演の模様が、WOWOWで放送される。

2011年にリリースされたファーストアルバムがオリコン1位を獲得したFTISLANDは、以降もリリースを重ね、アリーナツアーなど精力的にライブ活動を続けてきた。今回の武道館公演は実に4年ぶり。360度ステージを囲み、会場を埋め尽くしたファンを前に、彼らは今春リリースされた5thアルバム「5…..GO」や最新シングル収録曲などを中心に、アグレッシブなパフォーマンスで“現在進行形”の姿を見せつけた。

ライブはアルバム収録曲「Hourglass」でスタート。ヘヴィなサウンドと美しいメロディが織り成すこの楽曲をダイナミズムに満ちた演奏で一気に引き込み、続いて疾走感あふれるナンバーで会場を熱狂の渦に巻き込む。緩急をつけた展開も鮮やかで、ロックバラードもしっかりと聴かせる。イ・ホンギの歌声はエモーショナルでカリスマ性にあふれ、力強いバンド・アンサンブルと共に楽曲をドラマチックに彩る。アコースティック・セットも見どころの一つだ。シングル曲「To The Light」はアコースティックギターの音色、カホンで刻むビート、繊細さをたたえたボーカルなどで楽曲に新たな魅力を吹き込み、彼らの音楽性の広がりを印象付けた。

バンドとしての成長を見せる一方で、親しみやすいキャラクターも彼らの大きな魅力だ。アルバム収録曲「Moonlight」ではオペラ風、ミュージカル風、かわいく―など、テーマにあわせてメンバーが歌い、その芸達者ぶりで大いに沸かせる。代表曲「FREEDOM」ではジャンプ、コール&レスポンスで一体感をつくり出し、ファンキーな新曲「PUPPY」では弾けるパフォーマンスで魅了。カラフルな照明のもと、メンバーはステージや花道をエネルギッシュに駆け回り、表情豊かにプレイし、大いに盛り上げた。

彼らにとって久しぶりの武道館公演は特別なものだったようだ。「音楽を一生懸命やって、ここに戻りたかった」とホンギは語り、今後も「音楽の勉強しながら、音楽をやり続けます」と意気込みを新たにした。ロックバンドとしての存在感と、華やかな個々の魅力をこの日のステージで示した。

放送予定楽曲
Hourglass
YES or NO
Cycle
BPM69
Do You Know Why?
パラレルワールド
To The Light
beautiful
Moonlight
CRYING IN THE RAIN
PRAY
FREEDOM
Shinin’ On
PUPPY

番組情報
FTISLAND 5th Anniversary Autumn Tour 2015
“Where’s my PUPPY?”
2016年1月10日(日)15:00 WOWOWライブにて放送
番組特設サイト:http://www.wowow.co.jp/music/ft/

FTISLAND メンバーコメント動画

関連リンク

FTISLAND オフィシャルHPhttp://ftisland-official.jp/
■FTISLAND ワーナーミュージック・ジャパンHPhttp://wmg.jp/artist/ftisland/
FTISLANDオフィシャルファンクラブ「Primadonna Japan」:http://fc.avex.jp/primadonna/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP