体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1/11付ビルボードジャパンチャート発表

1/11付ビルボードジャパンチャート発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による1月11日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2015年12月28日〜2016年1月3日)を発表した。

年末年始は西野カナ「トリセツ」が総合首位に返り咲き、三代目が3曲をトップ10に送り込む展開に

『日本レコード大賞』や『紅白歌合戦』を筆頭に、たくさんのメディアで2015年を振り返る特番がオンエアされ、総合Billboard JAPAN Hot100もそれを色濃く反映し、旧作が多くチャートインする展開となった。ロングヒットを続ける西野カナ「トリセツ」がなんと15週ぶりに総合首位に返り咲きを果たした。これは、ダウンロードとストリーミングが牽引する形は変わらないものの、全指標で順位を上げており、年末年始の注目度の高さを裏付けた結果といえる。

「トリセツ」をおさえてダウンロードで1位となったのは、星野源「SUN」。こちらも5月発売週の楽曲にも関わらず、12月のアルバム発売前後から順位を上げ、今週は2位以下に大きく大差を付けてダウンロード1位に立った。YouTubeも前週よりも30万回と再生回数を増やし、130万回越えとなってこちらもポイントを上げ、総合2位となった。

三代目が「Unfair World」「R.Y.U.S.E.I.」「Summer Madness」の3曲を総合10位圏内に送り込んだ。「R.Y.U.S.E.I.」と「Summer Madness」はダウンロードとYouTubeでのポイントが大きいが、「Unfair World」はTwitterが大きく、レコ大の大賞受賞が効果を上げたことがよく分かる。また、13位には小林幸子「千本桜」がランクインしていて、紅白出演のインパクトがTwitterのポイントを押し上げることとなった。

2016年初のアニメチャートは秦 基博「ひまわりの約束」が制覇 紅白で話題のμ’sは3位に

2016年初のビルボードアニメチャートは、2014年のリリース以来、破格の大型ヒットになっている秦 基博「ひまわりの約束」(映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌)が制覇した。同曲はラジオプレイ 3位、デジタルセールス 3位、Youtube 2位、ストリーミング 1位と、すっかり国民的ヒットとして定着した曲らしいポイント構成での首位となった。また、秦 基博は同曲を収録したアルバム『青の光景』も昨年末にリリースしており、そのことも後追いになったと考えられる。

今週2位は、イヤミ feat.おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松の「SIX SAME FACES~今夜は最高!!!!!!~」。同曲はこれで3週目のランクイン。昨年から話題沸騰中のアニメ『おそ松さん』の関連曲が、A応P「はなまるぴっぴはよいこだけ」(今週4位)に続き攻勢を仕掛けている。ただ、Youtube等デジタル領域での話題が先行した「はなまるぴっぴ~」と比較すると、「SIX SAME FACES~」はパッケージが先行する形となっており興味深い(今週のチャートでも「SIX SAME FACES~」はCDセールス 1位)。

3位となったμ’s「それは僕たちの奇跡」(『ラブライブ!』オープニング)は、2015年12月31日のNHK『紅白歌合戦』の演奏曲。同パフォーマンスが話題となり、今週のチャートでもTwitter 1位を獲得した。その他、今週6位となったMISIA『オルフェンズの涙』はデジタルセールス 1位、Twitter 2位とデジタル系が好調、昨年11月にリリースされた曲ながら話題を拡げている。また、Mrs.GREEN APPLE「Speaking」(『遊☆戯☆王ARC-V』エンディング)は、他指標では苦戦しているもののラジオプレイ1位を獲得。これからの若手として注目を集めていることが分かる。

2016年一発目の洋楽チャート1位はジャスティン・ビーバー、歴代洋楽チャート首位最長更新間近か?

ジャスティン・ビーバーの「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」が12週目となるBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”1位を記録した。

クリスマス週は惜しくもマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」へ1位を受け渡したものの、再び1位に返り咲いたジャスティン・ビーバーの「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」。年末年始ということもあり、デジタル・セールスやツイート・ポイントは多少落ち込んでいるものの、ストリーミングやYouTube再生回数で上手くバランスをキープし、歴代洋楽チャート首位最長の13週を保持するテイラー・スウィフト「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」の記録更新へもあと一息というところだ。

1 2 3 4次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy