ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高卒40代男性「一応受験したから」と箱根駅伝出場大学を応援

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 多くの日本人が楽しみにしている箱根駅伝だが、好きすぎるのも考えもの。埼玉県に住む女性Wさん(45才)は、箱根駅伝に熱を上げる夫(42才)に困っているという。

 * * *
 うちは家庭料理を出す居酒屋なんだけど、1月2日、3日は朝8時開店。箱根駅伝ファンのダンナが常連客と、スタートと同時に「乾杯」して応援したい、と営業を始めたの。

 ほんと、たまんないわよ。いい年したおっさんが、出身大学とか、ひいきの大学のユニホームを着て、ジョッキ片手に大画面テレビに向かって、「ほら、頑張れ」だの「ああ、抜かれた~。情けねぇぞ」だの。

 シラフでも50mも走れないくせに、よく言うわよ。それだけじゃない。高卒のダンナがなんで毎年、上位の大学を熱心に応援するのかを聞かれたら、「あそこは一応、受験しているから」って“思い出受験”した自慢。

 そして選手が箱根の山にさしかかる前に、飲み潰れて、後片づけも、翌日の仕込みも全部、私ひとりにさせるのもいつものこと。ここまで私におんぶにダッコで店開けておいて、「箱根駅伝は男のロマン」なんて、どの口が言うの!

※女性セブン2016年1月21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
箱根駅伝の新勢力・東洋、青学、上武などから駅伝を語った本
箱根駅伝の関係者ら 「中止」という言葉に敏感になっている
柏原激走で箱根駅伝優勝の2009年東洋大 入学志願者1万人増

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP