ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

働く人の2016年の目標は「貯金」「健康増進」「趣味」がトップ3 安全運転志向が鮮明に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「新年の計は元旦にあり」といわれるように、新たな年を迎えて目標を立てた人も多いことだろう。しかしこれだけ先行きが不透明な時代では、高く輝かしい理想を掲げるのが難しくなっているのかもしれない。

人材サービスのVSNが20~50代の1105人のビジネスパーソンに「2016年力を入れたいこと」を尋ねたところ、トップは「貯金」で37.6%(複数回答)。2位以降には「健康増進」や「趣味」「仕事とプライベートのバランス」が続き、働く人たちの安全運転志向があらわれている。
「老後の生活」や「自然災害」は女性の方がより不安視

性別で見ると「健康増進」(全体32.9%)は、男性33.0%・女性32.9%でほぼ変わらないが、「貯金」は男性35.5%・女性39.8%で、女性が4.3ポイント上回っている。経済的な不安を抱いている女性がより多いようだ。

「趣味」に力を入れたいと答えた人(全体31.4%)は男性35.3%・女性27.5%で、こちらは男性が7.8ポイント上回っている。

昨年に引き続いて今年も「不安」と感じていることは、「同時多発テロ」「自然災害」「景気動向」「老後の生活・年金」「個人情報の漏えい」がワースト5。このうち女性が大きく上回ったのは、「老後の生活・年金」(男性41.3%・女性49.5%)と「自然災害」(男性43.7%・女性50.5%)だった。

2016年に楽しみにしているモノは、「リオデジャネイロオリンピック」(男性25.0%・女性19.7%)、「北海道新幹線開業」(男性24.6%・女性19.7%)は男性が、「新しい祝日となる『山の日』」(男性19.0%・女性20.3%)は女性の期待が高いようだ。

あわせてよみたい:氷河期世代が直面する『中年フリーター』の現実
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP