ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『スター・ウォーズ』の全世界興収が『アベンジャーズ』『ワイルド・スピード SKY MISSION』を追い抜く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、『ワイルド・スピード SKY MISSION』とマーベルの『アベンジャーズ』を抜き去り、全世界の歴代興行収入で現在4位となっている。

『スター・ウォーズ』シリーズのエピソード7は、全世界で15億4000万ドルを稼ぎだし、『ワイルド・スピード SKY MISSION』の15億1500万ドル、『アベンジャーズ』の15億2000万ドルを追い越した。

同作は1月4日(現地時間)に米国内で800万ドル、その他の国で1450万ドルの収益を上げた。この超大作にとっては、昨年12月18日に劇場公開してから、米国内の1日の売り上げ記録として最低の成績である。

米国内の累計興収は7億5020万ドルで、歴代1位の『アバター』にあと1030万ドルまで迫っている。おそらく数日の間に追い抜くだろう。1月6日(現地時間)には新記録を樹立するかもしれない。

米国以外の市場では、公開後20日間で7億8610万ドルを稼いでいる。中国での劇場公開がスタートする土曜日には累計興収でさらに大きな加速が見られるだろう。

興行成績の分析者は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が全世界興収で残り3作品を追い抜くだろうと予測している。残るは、28億9000万ドルの『アバター』、21億9000万ドルの『タイタニック』、16億7000万ドルの『ジュラシック・ワールド』だ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP