体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4DX“専用”ホラー映画はこうして作られた! クリエイターインタビュー「POVスタイルを4DXで感じとって」[ホラー通信]

vauxhall__poster-495x700

日本初の4DX上映専用ホラーとして話題の白石晃士監督作『ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!~』が1月16日より公開。バラエティ番組のロケで廃校に潜入することとなったアイドルたちの味わう恐怖を体験できる今作は、4DXの9つのアクションをすべて駆使した体感型アトラクションホラー。

“ホラー映画と4DX”というのは、ホラー好きにとって、「そうこなくっちゃ!」な組み合わせですよね。筆者も一足お先に観て参りましたが、もう座席が動くわ動くわ! 風は吹くわ、液体はふりかかるわ、「着替え必須!水浸し!!!」の殺し文句は伊達じゃないです。

この動きまくりの4DXがどうやって作られたのか? 4DX専用映画『ボクソール☆ライドショー』の特性と4DX演出について、CJ i-studio クリエイティブ・ディレクターYoung Choi(チェ・ヨンスン)さんのインタビューを公開します。

【関連記事】“着替え必須”ってマジかよ! 4DX専用ホラー『ボクソール★ライドショー』衝撃映像だらけの予告編解禁
http://horror2.jp/12457

IMG_7709 IMG_7747

―本作に携わっての感想。

Young Choi(チェ・ヨンスン):今までは長編映画を主に作業していたので『ボクソール★ライドショー 恐怖の廃校脱出!』のような作品に出会ったことは、特別な経験でした。特にPOV(Point of View Shot:主観ショット)スタイルの映像を4DXで感じ取ってもらうための作業は、すごく楽しい経験でした。

―4DX専用映画という日本の製作陣のチャレンジについてどう思いますか?

Young Choi(チェ・ヨンスン):そのような試みをされているときいて興奮しました。新しいチャレンジは、クリエイティブ・ディレクターとしていつも嬉しいものです。いつもの映画の作業より、もっと企画的で新しいチャレンジの方が、我々がすでに持っているものを試すことができるので、常に楽しく、常に興奮するものです。

―「ボクソール★ライドショー」の4DX演出について、コンセプトやポイントがありましたら教えてください。

Young Choi(チェ・ヨンスン):大きく、4つのコンセプト要素がありました。一つ目は、POVスタイル作品の魅力を活かすべく、4DXの動きや動線をうまく組み合わせて俳優たちとの距離感を自然と共感できるようにするのがポイントでした。二つ目は、「はっ!」と驚かせる演出の意図を倍増させるため、4DX的な効果Back Tickler(背面座席が動く)やFace Water(前席から、顔の周辺に水が吹き付ける)などの効果を重ねました。そして、バランスとエキサイティングです。本作は、日常を描いた作品ではなく、映像も整えてない荒さなど、そもそも追求する表現スタイルがある作品なので、そこに4DXのエンターテイメント(風やバブルなど)を溶け込ませて、4DXとしての魅力もふんだんに味わえるようにしました。

―製作時のエピソードを教えてください。

Young Choi(チェ・ヨンスン):一般的なホラー映画とは違う、独特の企画だったので、スタッフの中では話題になりました。そういったユニークな部分で大きな魅力を感じ、”もっと頑張る!”という意志をスタッフらに与えた作品だと思います。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy