ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハワイに住んでみて不満だった5つのこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハワイといえば日本人が愛してやまない場所です。実際にハワイに数年住んだことあるのですが、気候も温暖で人も暖かく、心穏やかに過ごせる素敵な場所でした。

ただ人間というのは贅沢なもので、ある程度時間が経ってくると、そんな最高な場所でも不満が募ってきてしまいます。今回は僕がハワイで実際に感じた不満だったこと5つをご紹介します。

 

ハワイの物価が高い

photo by Philip Taylor PT

これはハワイで生活するにあたって死活問題と言っても過言ではありません。アメリカ本土と比較しても高く感じました。マクドナルドなどのファストフードも本土より値段が高いです。

また、ハワイ内の中でもワイキキは更に少し高くなっています。約10年前にアバクロが大人気になった時は、アラモアナの店舗が本土よりも少し高めに値段を設定していたようです。完全に日本人観光客用の値段設定でした。

また、家賃ももちろん高いです。これが1番生活するのにあったて影響があるかと思います。生活するのが大変の為、仕事を掛け持ちする現地の方もいるぐらいです。なので海外では当たり前のルームシェアをして、生活費を減らしています。

 

ハワイには新しいお店がなかなか進出しない

photo by Jun Negishi

みなさんはハワイは買い物天国だと思っていませんか?確かにアラモアナショッピングセンター、有名高級ブランドショップの数々、アウトレットモールなどなどがあります。小さい島なので、効率よく買い物できる環境だと言えます。

しかし、ハワイは言ってみればアメリカの田舎です。なかなか人気のお店はハワイに進出してきません。2007年頃に住んでた時は、アメリカ本土でもだいぶ店舗が増えてきていたH&Mもありませんでした。また、女友達が買い物したがっていたビクトリアズシークレットもありませんでした。

 

これだけならアメリカはオンラインショッピングも盛んなので、オンラインでオーダーすれば良いやになるかもしれません。しかし、ハワイとアラスカには配送不可とか、送料が割増になっています。

現地に住んでいると、ルイ・ヴィトンなどの高級ブランド買うことなどほとんどないので、新しくて人気のショップが待ち遠しくてたまらない日々を過ごすことになります。

 

ハワイには四季がない

photo by Jun Negishi

個人的に四季がないことが1番嫌でした。雨も降ったり、夜になると肌寒い時期もありますが、ご存知の通り基本1年中夏です。

国籍がどこであれ、1年中暖かい気候に憧れる人は非常に多いと思います。最初は素敵に感じます。ただ、いずれ飽きてきます。なぜなら毎日同じ景色で、同じ洋服を着るからです。なんの変化もないので、目で季節の移ろいを感じる楽しみは皆無です。

 

クリスマスとお正月が暖かいという事実は意外と大きいと思います。初めての年は新鮮かもしれませんが、年々違和感を感じてきます。ラジオからマライア・キャリーの曲が流れてきても、違和感しか感じません。

この時感じたことは、日本は春夏秋冬があり、季節毎の風物詩を楽しむことが出来る有難さでした。春の桜、夏の花火、秋の紅葉、雪の降る冬。四季は日本人にとって当たり前のことだと思いますが、本当に素晴らしい恵だと実感しました。

 

ハワイには日本人が多すぎる

photo by pixta

本当に多いです。初めてハワイに行かれる方は日本人の多さにびっくりされるかもしれません。極端な話、ワイキキだと英語を話さずに日本語だけで生活できてしまうじゃないかと感じてしまいます。

日本人が多いと外国にいるという感じがしません。やはりハワイという異国の地で暮らすのですから、日本とは違う環境で生活したいのに、日本人が街中に溢れてるとやはり違和感を感じます。決して日本人に会いたくないとかではないのですが。

 

また、日本人が多いと中途半端に日本が恋しくなってきます。カフェで日本人の方の日本の話や持ち物を見ると無性にその様に感じました。

また、ハワイは狭いので日本人の繋がりも簡単にできてきます。多くの方と知り合えるとは楽しいのですが、日本人コミュニーティー内での色々な付き合いを少々面倒くさく感じている人もいました。

 

日本に帰った時に馴染むのに苦労する

photo by pixta

これはハワイだけに限らず、外国に住んだことがある人に共通する大きな悩みだと思います。日本に帰ってくると最初は日本食やサービスの質だったり、時間通りに来る電車などに感動します。ただ、徐々に日本での生活に違和感を感じてきます。

ハワイは時間にルーズで、ハワイアンタイムがあるというくらい時間に対しては緩いです。だから、焦ることがあまりないと思います。

日本では時間にはきっちりしているので、友達との待ち合わせにも少し前に行こうなど考えるので、時間の考え方を日本仕様にするのが少し面倒くさく感じました。

 

また、ハワイの人は穏やかで時間もゆっくり過ぎ去っていきます。ですが、東京はハワイとは完全に正反対の街です。生活のリズムをハワイ仕様から日本仕様にするのは本当に大変です。

仕事に対しても、ハワイではフレンドリーで緩い雰囲気で働いて、基本残業もありません。日本に帰国してからは、日本社会に復帰して働くことの大変さを実感しました。

 

今は就職するのも大変な時代です。実際に日本で勤務開始してから、ハワイや外国での職場の違いに苦労している日本人の友人も多くいます。

これは外国に住んでいて日本に帰国した、日本人全員にとって最大の苦悩と言っても過言ではない思います。

 

まとめ

多くの方々がハワイに移住してたいと思っていると思います。ただ、異国の地で暮らすということは憧れだけでは苦労すること多いです。もしハワイに移住を考えている方がいるのなら、自分の生活にとって何が必要で不要かを確認することが第一歩になると思います。

今回ハワイに関して5つ不満だったことをお伝えしましたが、ハワイは本当に良いところですよ。できればいつかまた住んでみたいです。ハワイ再移住が実現できる様に頑張っていきたいと思います。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。