ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年は香りを変えてみない?ジバンシイの、エレガントな最旬フレグランスをチェック!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


すれ違ったときにふわっと漂う香りから、その人のイメージがつくられることはよくあるもの。だからどの香りを身にまとうかは、結構重要だ。

パルファム ジバンシイが1月6日(水)より数量限定で発売する新フレグランス「ジャルダン プレシュー オーデトワレ」(50mL/税抜7300円)のテーマは、生きる喜びと貴族のエレガンス。


スプレイした瞬間広がるのは、マリー・アントワネット・ティー(ローズの花々やアップルで香りづけしたセイロンティー)の香り。洋ナシを思わせる甘さと、みずみずしく透明感あふれるブラックティーの絶妙なバランスが、心地よいハーモニーを奏でる。

18世紀の貴婦人が目に浮かぶようなトップノートから、豪奢なターキッシュローズと、芳醇なサンバックジャスミンが花開くミドルノートへと紡がれ、ブロンドウッドが秘めやかに香るラストノートとともに、グランドフィナーレへ。

天然香料を贅沢に配合したフレッシュフローラルの香りが、いつもの日常を、エレガントなティーパーティに招かれたかのような優美な時間に変えてくれるはず。

手のひらにすっぽりと収まるミニマルなオーバルフォルムのボトルは、ほのかなピンク色でとても上品。対してアウターボックスは、ジバンシィ クチュールの“Rose”プリントと“Paradise Rose”プリントにインスパイアされた華やかな仕上がりとなっている。

一瞬一瞬を楽しみ、人生を謳歌する女性にぴったりの魅力あふれる最旬フレグランスを、今年の自分の香りにしてみない?全国有名百貨店化粧品コーナー ジバンシイ カウンターにて、ぜひ一度お試しあれ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP