ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

公開3週目の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、日本国内の興行収入でようやくトップに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

劇場公開から3週目となる先週末、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が遂に日本国内の興行収入でトップを獲得した。過去2週間は2位に甘んじていた。

同作は、1月2日と3日の2日間で観客動員数52万2000人、興行収入690万ドルを記録。1月3日現在で、累計動員数410万人、興行収入5400万ドルを突破した。

2週連続で興行収入のトップとなっていたのは、RPGゲームをもとにしたアニメ『妖怪ウォッチ』の映画第2弾となる『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』だ。先週末は、観客動員数32万3000人、興行収入は314万ドルで2位に陥落し、累計興行収入は3100万ドルに達した。

公開初週末は11位だった『クリード チャンプを継ぐ男』はトップ10にランクインした。255館で上映され、前週から8%増加の興行収入37万9000ドルを記録し、累計は160万ドルに上った。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP