ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香港書店関係者4人が中国大陸で行方不明 当局が身柄拘束か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 香港の書店関係者4人が中国大陸で行方不明になっている。彼らは習近平指導部を批判する発禁本などを販売したことを理由に、中国当局に身柄を拘束されているとみられる。中国による香港の報道機関への圧力は日増しに強まっているが、書店関係者へのあからさまな弾圧は初めて。香港における言論の自由はいよいよ風前の灯火になりつつある。現地からジャーナリストの相馬勝氏がレポートする。

 * * *
 香港の中心部、銅羅湾(コーズウェイベイ)。日系大手のデパートや有名なレストランが入った高層ビル、高級ホテルなどが大通りに面し、香港独特の路面電車であるトラムやバスがひっきりなしに行き来する。早朝から深夜まで人通りが絶えることがない香港屈指の商業地区だ。

 しかし、1本通りを内側に入ると、2階建てや3階建ての雑居ビルが無数に立ち並び、頭上には派手でけばけばしい看板が目につく。路端には新聞・雑誌のスタンドや屋台が並び、下町的な雑然とした光景が現れる。

 その一角の低層ビルには、2階に上るための薄暗い入り口が洞窟のように口を開けている。チラシなどがたまっている階段を上ると、2階に「銅羅湾書店」と書かれた看板が見える。

 観音開きのドアを開けると、昼でも煌々と蛍光灯がつくなか、多数の本が目に飛び込んでくる。本の大部分は「習近平」や「江沢民」「胡錦濤」「王岐山」など中国の最高幹部の名前を冠した中国政治の暴露本だ。中南海の内部で繰り広げられている権力闘争が主な内容で、それら幹部と有名女性とのスキャンダルを暴露した本も多数置かれている。これらは、その内容から、大陸に持って入ることができない発禁本だ。

 それにもかかわらず、店内には中国から来たと思われる観光客のグループが大きな声を出して北京語(標準語)で話していた。そのうちの1人は「大陸では読めないことが書かれているから、みんなが欲しがるのよ。だから、お土産には最適ね。税関で見つからないよう、うまく隠さなきゃ」と話していた。

 また、別の女性は「大陸の共産党の幹部から頼まれて、ある本を探しに来た。香港中歩き回って、なかなか見つからなかったけれども、ここに来たらあった。大陸では庶民も幹部も政治に興味があるのは変わらないわよ」と笑った。

 中国共産党の幹部も発禁本の存在を認めているのだから、こういう香港の書店はいわば“黙認”されているのかと思えるが、実はそうではない。実態はその逆だ。

 この銅羅湾書店は中国当局の「ブラックリスト」に載せられており、2015年10月下旬、書店経営者や幹部、店主ら4人が広東省深セン市や東莞市などで突然、姿を消し、行方不明になっているのだ。

 筆者(相馬)は香港を訪れるたびに、この書店で本を探しているので、気になり、事件が発生してからほぼ1か月後、香港に飛んだ。到着後、その足でこの書店を訪ねた。報道では「閉鎖」されているとのことだったので、てっきり店はやっていないと思っていたが、予想に反して、通常通り営業していたので、ちょっと驚いた。

 今回の事件について、ちょうど書店で働いていた「店長代理」の胡志偉氏に話を聞いた。胡氏は作家で、香港の民主化運動の草分け的存在だ。

──書店は「閉鎖された」と報じられていたが…。

胡氏:「店主らが行方不明になってから2週間は閉じていたが、2015年の11月に入ってからは我々がやっている。我々は長い間この本屋で働いてきた。中国政府の圧力には屈しないよ」

──ということは、経営者や店主ら4人は、まだ帰っていないのか。

胡氏:「まだだ。どこにいるか分からない。ただ、行方不明になってから数日後に、経営者や店主が私に電話をかけてきて、『私は無事だ。もうすぐ帰る。心配するな』と言っていた。声の調子がいつもと違って緊張しているようだったので、誰かと一緒で、そいつに脅されているように感じた。実際、私の予想は外れてはいないと思う」

──彼らを脅しているのは誰だと思うか。

胡氏:「そんなことは決まっているさ。中国の公安(警察)や国家安全部だ。奴らはこの店が邪魔なんだ。これまでも中国に反抗する香港人を中国で逮捕してきた。そんなことをやるのは奴らしかいないよ」

 胡氏が語るように、これまでも多くの香港人が広東省などで身柄を拘束され、秘密裏に取り調べを受けて、裁判で有罪判決を受けるというケースが起きている。

 例えば、香港でベストセラーとなっている反体制的な「中国教父(ゴッドファーザー)習近平」という本の版権をとった出版社の姚文田社長が2013年10月、深センに行った際、化学薬品の密輸の容疑で公安当局に逮捕された。裁判の結果、懲役10年の判決を受けている。

 また、中国に批判的な月刊誌「新維月刊」と「臉譜」を発行する出版社の王健民社長も2014年5月、深センに入った際、身柄を拘束された。その1年半後、「非合法出版物の発行」などの罪名で裁判が行われており、近々判決が発表されるとみられる。

※SAPIO2016年2月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
香港で中国批判デモ「イナゴ(中国人)は香港から出て行け」
ネットに登場の「中国人クズ番付」など中国の民意に迫った本
香港の大学教授「民主派は見せしめのため厳しく罰せられる」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP