ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】アデル『25』衰えぬ勢いで6週目の首位に、『パーパス』は2位を死守

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 週間セールス36万枚を突破し、アデルの『25』が初登場から6週連続の首位獲得を果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 再びミリオンを突破した先週から、売上は落ちたものの、登場6週目にして40万枚近くを売り上げるというのは、異例のケースだ。11月20日のリリースから2か月も経たないうちに、累計枚数は740万枚に到達し、ワールド・セールスは1200万枚を突破した。次週も7週目のNo.1獲得は間違いなさそうだが、2位に停滞し続けるジャスティン・ビーバーの『パーパス』も、依然セールスが好調で、今週も217,000枚を売り上げ、累計枚数は200万枚に迫る勢いをみせている。

 『パーパス』からは、シングル・チャートでTOP10入りを果たしている3曲が大ヒット中で、ストリーミング・ポイント、デジタル・セールスが大きくアルバム・セールスに反映し、売上は一向に落ちない。15万枚と大きく離されてはいるものの、アデルのセールスが一旦伸び悩むようなことがあれば、返り咲きの首位獲得もあり得るだろう。シングル、アルバム・チャート共に、昨年秋からは、アデルVSジャスティンのバトルが続いている状況だが、2月開催の【グラミー賞】が過ぎると、受賞作品が一気に売上を伸ばす。そこで、また大きなチャート・アクションが起こるだろう。

 先週の11位から3位へジャンプアップしたのは、トゥエンティ・ワン・パイロッツの『ブラーリーフェイス』。昨年の6月6日付アルバムチャートで、初の首位獲得を果たした4枚目のスタジオ・アルバムで、今週のシングル・チャートで9位をマークした、「ストレスド・アウト」の売上に加え、iTunesストアのクリスマス・セール対象商品であったことで、一気に売上を伸ばした。

 今週は、21位から5位にアップした、フェティー・ワップの『フェティー・ワップ』や、33位から10位へ、初のTOP10入りを果たした、ブライソン・ティラーの『トラップソウル』、TOP10以下でも、13位のジー・イージーの『ホエン・イッツ・ダーク・アウト』や、42位から14位に一気に上昇した、ドレイク&フューチャーの『ホワット・ア・タイム・トゥ・ビー・アライブ』など、ラップ・アルバムが続々とランクアップを果たしている。

 ビートルズの『1』(16位)や、フランク・シナトラの『ナッシング・バット・ザ・ベスト』(44位)など、大御所のベスト盤も一気にセールスを伸ばし、これらはすべて、アマゾンやiTunesなどのの、クリスマス~年末のセールによる効果だ。一方で、先週まで上位にランクインしていた、ペンタトニックスやマイケル・ブーブレなど、クリスマス・アルバムは一気にダウンした。今月末には、【グラミー賞】のノミネートアルバムが、徐々に売上を伸ばしてくるだろう。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、6日22時以降となります。

関連記事リンク(外部サイト)

1月16日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
1月16日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
快挙続きのアデル『25』、全米Billboardチャート6週連続1位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP