ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【SPACE SHOWER MUSIC AWARDS】ノミネーション発表 ゲス乙女。、セカオワらが最優秀グループにノミネート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年2月28日に授賞式が行われる、スペースシャワーTV主催の【SPACE SHOWER MUSIC AWARDS】ノミネートアーティストがこの度発表された。

 本アワードは、スペースシャワーのユーザーからの支持をもとに、楽曲やライブ、ミュージックビデオ等の映像作品で功績をあげたアーティストに贈られる賞。その授賞式が2016年2月28日に東京国際フォーラムホールAで開催、司会にはスペースシャワーTVとゆかりの深いユースケ・サンタマリアと清水富美加の2人が決まっている。

 今回、そのアワードのノミネーションが発表され、最も優れたグループアーティストに授与される「BEST GROUP ARTIST」にゲスの極み乙女。、サカナクション、サザンオールスターズ、SEKAI NO OWARI、BUMP OF CHICKEN、RADWIMPSが選ばれた。年間最優秀アーティストに贈る「ARTIST OF THE YEAR」や年間最優秀ミュージックビデオ賞「VIDEO OF THE YEAR」などの主要賞受賞アーティストは当日授賞式で発表される。

 「BEST MALE ARTIST」や「BEST FEMALE ARTIST」など各部門賞の他に、TOKYO MUSIC ODYSSEY 2016のオフィシャルサイト(http://tokyomusicodyssey.jp)では、一般投票により決定する賞「PEOPLE’S CHOICE」を受付中。2015年に発表した作品や活動が最も素晴らしかったアーティストに投票すると、抽選で授賞式に招待される。各部門賞ノミネーションは下記のとおり。授賞式の出演アーティストは後日発表される予定だ。

「BEST GROUP ARTIST」
ゲスの極み乙女。、サカナクション、サザンオールスターズ、SEKAI NO OWARI、BUMP OF CHICKEN、RADWIMPS

「BEST MALE ARTIST」
高橋 優、秦 基博、星野 源、槇原敬之、吉井和哉、米津玄師

「BEST FEMALE ARTIST」
安室奈美恵、家入レオ、椎名林檎、JUJU、Superfly、西野カナ

「BEST POP ARTIST」
きゃりーぱみゅぱみゅ、DREAMS COME TRUE、ナオト・インティライミ、back number、miwa、ゆず

「BEST ROCK ARTIST」
ASIAN KUNG-FU GENERATION、[Alexandros]、エレファントカシマシ、KANA-BOON、キュウソネコカミ、クリープハイプ、MONOEYES

「BEST PUNK/LOUD ROCK ARTIST」
Ken Yokoyama、SiM、Fear, and Loathing in Las Vegas、BRAHMAN、MAN WITH A MISSION、ONE OK ROCK

「BEST BREAKTHROUGH ARTIST」
THE ORAL CIGARETTES、水曜日のカンパネラ、chay、04 Limited Sazabys、BLUE ENCOUNT、WANIMA

「BEST INTERNATIONAL ARTIST」
アデル、ウィズ・カリファ、カーリー・レイ・ジェプセン、コールドプレイ、テイラー・スウィフト、マーク・ロンソン

◎【SPACE SHOWER MUSIC AWARDS】概要
日時:2016年2月28日(日)17:00開場/18:00開演(予定)
会場:東京国際フォーラム ホールA
MC:ユースケ・サンタマリア、清水富美加
出演者:後日発表
観覧方法:「PEOPLE’S CHOICE」に投票、抽選で合計3000名様をご招待

<「PEOPLE’S CHOICE」投票方法>
1. サイトhttp://tokyomusicodyssey.jpへアクセスし、応募ボタンをクリック。
2. SPACE SHOWER IDサイトで会員登録/ログインを選択
※ご応募にはSPACE SHOWER ID登録が必要になります。初めて応募する方は、会員登録をお願いいたします。既に登録されている方はログインをしてください
3. 「PEOPLE’S CHOICE」に投票

関連記事リンク(外部サイト)

ゲス乙女。2ndAL収録の「両成敗でいいじゃない」MV解禁、「ゲスの極み乙女。の真骨頂を感じて」
SEKAI NO OWARIが、第11回KKBOX MUSIC AWARDSに出演決定
SEKAI NO OWARI、2016年全国ツアータイトルは【The Dinner】に決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP