体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【佐々木俊尚が語る】2016年、ホラクラシーな組織でエンジニア「個人」が注目される時代になる

「好きなときにつながれる」からリモートな働き方ができる。

──「地方でのリモートワーク」を導入するIT企業が増えていますね?

確かに、IT企業に勤めるエンジニアはリモートワークと非常に相性がいいですね。ここ数年は“目新しさ”によるメディアへの露出は減っているかもしれませんが、しっかりと定着していますよね。

▲福井、軽井沢、東京の多拠点で生活し、そのメリットを享受している佐々木さん。

例えば、IT企業のサテライトオフィスが多く入居することで有名になった徳島県神山町なんて、最近は企業が集まりすぎてネットが遅くなったんじゃないかという笑い話もあるくらい。

人口約6,000人の町は、「神山バレー」として注目され、年間2,200人の視察者が訪れるという。2013年にシェアオフィス、2015年に短期滞在型宿泊施設「WEEK神山」がオープン。

友人にもそういう勤務体系の人が増えてきました。兵庫の実家に住みながら、渋谷の会社に勤務している友人がいますが、iPadに常に会社のオフィスの様子が映し出されている。会議をするときは、渋谷の会社の彼の席にiPadが置かれて、そこに彼が映っていて会議をしている。日本に関しては、回線が隅々まで行き渡っているから、離島や山小屋などに行かない限り「勤務」できますよね。

地方で、さらに実家だったりすると、生活コストが圧倒的にやすいし、親戚などのコミュニティーがセイフティーネットになっているしで、リモートにしない理由がないくらいではないかな。

さらに、これは2010年以降の特徴だと思うけど、住んでいる地域から何らかの理由で出たとしても、出たら出たっきりという感じにはならない。

Facebookやその他のSNSがあるからで、ある場所で培った人的ネットワークが場所に限定されずに引き継がれるから、そのエリアを出て、違う場所で仕事をすることになったとしても、関係性は緩やかにつながってるんじゃないかと思うんです。

そういう意味では、リモートワークは2010年以降に少しずつ進んでいて、「多拠点生活」になっているんじゃないかなと。

──たしかに。まだ少数ですが京都、東京、鹿児島などをグルグル回りながらWebのデザインをしている人もいますね。格安チケットなどが当たり前になって、移動コストなどが下がっているのも影響しているかも。

熊本県に三角エコビレッジ サイハテ(*)というコミューン的な場所があります。ここは田舎ですが、インターネットが使える。

そういう環境を利用して、平日は東京や福岡で仕事をしているんだけど、週末は熊本のサイハテに戻ってきて農業をやっているというスタイルの人がいる。

まさに、多拠点な暮らし方ですよね。

こういったスタイルの場合、完全に地方に移住するわけではなく、東京にも軸足を置いておけますよね。

東京にいる意味はそれなりにあって、地方だと会える人も限られるから、どうしても閉塞感が出てくると思うのです。

でも、東京では、勉強会などのいろいろな集まりがあって、ネットワークがどんどんできる。だから東京の人間関係を維持しながら、ときどき田舎に行くというスタイルが多くなってきてます。

さらにFacebookなどのSNSを使っていれば、「今日から田舎に行くので一週間連絡が取れなくなります」ということはありません。

東京にいようが田舎にいようが、仕事上はコミュニケーションが取れればいいわけで、どこにいるかということは関係なく、仕事が進むわけです。

三角エコビレッジ サイハテ

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。