ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中森明菜「FIXER」で20年5ヵ月ぶりオリコンアルバムTOP10入り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中森明菜にとって6年4ヵ月ぶりのオリジナルアルバム「FIXER」(ユニバーサルミュージック/2015年12月30日発売)が発売初週売上0.9万枚で、今週発表の最新1月11日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:2015年12月28日~2016年1月3日)の7位にランクインした。

今作は明菜にとって、「DIVA」(2009年8月発売:最高29位)以来6年4ヵ月ぶりのオリジナルアルバム。明菜のオリジナルアルバムによるTOP10入りは、1995年8月7日付で「アルテラシオン」(1995年7月発売:最高7位)が10位を獲得して以来20年5ヵ月ぶりとなり、“歌姫”としての健在ぶりをアピールした。

2014年の夏から1年をかけて制作されたという今作。⼀昨年の「NHK紅白歌合戦」でも披露し、話題となったシングル「Rojo-Tierra-」(最高8位)や、タイトル曲で今年2月公開のビートたけし主演映画『⼥が眠る時』のイメージソングに起⽤された「FIXER ‐ WHILE THE WOMEN ARE SLEEPING‐」など全11曲が収録されている。

リリース情報
アルバム「FIXER」
2015年12月30日(水)発売

初回限定盤(CD+DVD)UPCH-7095 3,800円+税

通常盤(CD)UPCH-2068 3,000円+税

関連リンク

中森明菜 オフィシャル・サイトhttp://nakamoriakina.com/
中森明菜 レーベルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/nakamori-akina/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP