ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『魔法のミルキーチョコレート』カシス&ブルーベリーのソースが美味なコンビニ限定品!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

冬は甘いチョコレートの季節! 子供から大人まで大人気の不二家「ミルキーチョコレート」に、2015年最後のプレミアムな新風味、不二家『魔法のミルキーチョコレート』が仲間入り! 12月15日より、全国のコンビニエンスストア限定で発売され、ただいま大人気となっている。

ミルキーは発売65周年を迎えたロングセラーソフトキャンディで、”ママの味”をイメージしてつくられたやさしいれん乳風味が特徴。誰もが一度は食べたことのあるその味は、北海道の厳選されたしぼりたてミルクから作られている。おなじみのミルキーは、スタンダードなれん乳風味以外にも、いちごやチョコレート(ココア)をはじめ様々なバリエーションを展開。

 

2015年6月に発売された「北海道フロマージュ味」はチーズの香りがたまらないと女子中高生の間で人気を呼び、日本全国のご当地ミルキーもテレビや雑誌で取り上げられるほど話題になった。

そんなミルキーをまろやかなクリームにして、チョコレートでコーティングしたお菓子が「ミルキーチョコレート」。この新商品のネーミングにもなっている「魔法のミルキー」は、2015年7・8月に東京駅内のアンテナショップ「東京おかしランド」で数量限定で発売されたスペシャル風味で、ソフトな黒いミルキー生地の中にカシスの赤黒ソースが入った甘酸っぱさが評判の新風味。

 

そんな『魔法のミルキーチョコレート』と「魔法のミルキー」は、共に12月15日から全国のコンビニエンスストア限定で発売されている。

『魔法のミルキーチョコレート』は、まろやかなミルクチョコレートの中にカシス&ブルーベリー味のソースとクリームがWで入っている特別なチョコレート。カクテルやジュースで人気の甘酸っぱいカシスは、甘いだけじゃ物足りない大人の味。これがミルキーのマイルドなやさしいチョコレートとどう混ざり合うのか、かなり期待が高まる。

内容量は12粒で、ペコちゃん・ポコちゃん・仔犬のドッグ・ミルキーのロゴの4つのデザインがそれぞれ3粒ずつ並んでいる。表面をだけを見た感じでは、普通のミルキーチョコレートとまったく変わらない。においもカシスやブルーベリーっぽい香りはなし。

さっそく一粒食べてみると、外側のミルクチョコレートがパリッと割れた瞬間、中から甘酸っぱいカシス&ブルーベリーのクリームがとろっと出てきた! チョコの甘さが、カシス&ブルーベリーのソースの甘酸っぱさを引き立て、酸味の強いインパクトのある味になっている。この上品な味は、スイーツに近い。

 

ソフトキャンディーの「魔法のミルキー」と比べると、チョコレートの方が格段に酸味があり、大人の味。冷やして食べてもおいしいが、常温の方がさらに酸っぱさとカシスの香りを楽しめるのでおすすめ。

『魔法のミルキーチョコレート』は1箱(44g/12粒入り)税込130円。カロリーは1粒あたり20kcal。どちらもコンビニエンスストア限定発売だから、「魔法のミルキー」と両方をぜひお試しあれ。

ちなみに、魔法のミルキーシリーズのパッケージに描かれている「ペコちゃんのようなキャラクター」は、実はペコちゃんではなく小悪魔風のNEWキャラクター。特設サイトにアクセスすると、魔法のミルキー「あの子のニックネーム大募集キャンペーン」に参加できる!

 

応募方法は、Twitterで@maho_no_milkyをフォローして、魔法のミルキー特設サイトの”今すぐ応募する”ボタンからあなたが考えたニックネームをつぶやくだけ。抽選で「魔法のミルキーオリジナルグッズ」がもらえるというから、お見逃しなく。応募期間は2015年12月11日(金)から2016年1月22日(金)17:00まで。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。