ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2016年1月)、Marshmallowは前回から0.2%しか伸びず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 1 月 5 日(現地時間)、2016 年 1 月の Android バージョン別シェアの統計データを公開しました。最新の統計データによると、1 月のバージョン別シェアは(括弧内は前回)、1 位が KitKat 36.1% (↓36.6%)、2 位が Lollipop 32.6%(↑29.5%) 3 位が Jelly Bean 24.7%(↓26.9%) 、4 位が Gingerbread 3.0%(↓3.8%)、5 位が Ice Cream Sandwich 2.7%(↓2.9%)、6 位が Marshmallow 0.7%(↑0.5%)、7 位が Froyo 0.2%(→0.2%)という結果でした。今回で、これまで拡大を続けてきた KitKat のシェアが縮小に転じました。一方で、Lollipop は、Marshmallow がリリースされたにも関わらずシェア拡大を続けています。しかも、その増加数は 3.1 ポイントと前回からほとんど衰えていません。来月あたりにはトップ交代となるかもしれません。最新の Marshmallow については、リリースから 3 ヶ月前が経過したにも関わらず、シェアの増加はわずか 0.2 ポイントとスローペースです。過去のバージョンを見てもこれほどまでに遅いシェアの増加はありませんでした。Source : Google

■関連記事
CES 2016 : Huawei、アクティブスタイラス対応の10.1インチタブレット「MediaPad M2 10」を発表
CES 2016 : Huawei、米国向けにミッドレンジクラスのスマートフォン「GX8」を発表
CES 2016 : Fitbit、スマートフィットネスウォッチ「Blaze」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP