ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「また来てね~!」 365日フル回転の仕事人間をイクメンパパに変えた長男の一言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「また来てね~!」

これは、長男が2歳のとき玄関先でパパに言った言葉。

夫は、長男が生まれる1年前に飲食店を立ち上げたばかり。

365日、仕事、仕事、仕事…。

夜遅く帰ってきて、子どもの寝顔を眺めながら「かわいいな~、遊びたいな~」と呟く日々でした。

長男は、パパがたまに早く帰ってくると、大喜び!

興奮してでんぐり返し、ソファでジャンプ、得意の歌を大声で披露…。

全身で喜びを表現している長男とそれを嬉しそうに見る夫。

それなのに…!その翌朝の「また来てね」発言。

たまにしか家にいないパパは、長男にとって「大好きなおじさん」的存在だったのか~! これはまずいぞ、なんとかしよう!急遽、夫と家族会議。

何のために働くのか?⇒それはもちろん生活のため。

でも突き詰めれば家族のため。

目の前の仕事はもちろんあります。

しかし「心」を家族に向ければ行動も変わってくるはず!ということで話はまとまりました。

夫は、仕事と仕事の合間30分だけでも帰ってきて、子どもと遊んでくれるようになりました。

空き時間に戻れない時は、長男宛に電話をかけてきました。

この頃フルタイムで会社勤めをしていた私も、仕事を自宅に持ち帰ってやっていたりしました。

しかし、本当にピンチの時以外は家では仕事をしないことに決めました。

「自分のキャパ以上のことはできないんだ」と時には開き直り、育児中心に気持ちを切り替えました。

「心」が変われば「行動」が変わり、あれから5年経った今では、夫は保育園の送迎から長男の勉強チェックまでこなしてくれるイクメンパパに。

仕事も頑張って、お店も軌道にのりました。

3人の子ども達もパパが大好き!

特に長男は、学校のこと、友達のこと、野球のこと、ゲームのこと…なんでもパパに相談します。

今でも夫は仕事の合間には帰ってきては、子ども達と遊んでくれます。

でも近頃、7歳の長男は友達と遊ぶ方が楽しい様子。

せっかく長男とキャッチボールをしようと楽しみにしていた夫はしょんぼりしています。

そう、子どもが親と遊んでくれるのは、ほんの数年なんです…!

お風呂に一緒に入れるのもあと何年?

家族みんなで休日過ごせるのもあと何年?

自転車で一緒に歌いながら保育園の送迎できるのもあと何日?

そう考えると、子どもと過ごすこの時間がどんなに貴重なものかと考えさせられます。

2歳の長男の「また来てね」の一言がなければ、夫も私もこの貴重な時期を台無しにしてしまったことでしょう。

現実、育児は大変!仕事との両立も大変!

大変すぎて、子どもにあたってしまうことも時にはあります。

子供達のケンカや床一面に広がるおもちゃにイライラしたり…(笑)

でも、生まれてから数年が、子供達と一緒にたくさん過ごせる本当に貴重な時期。

そう思えば日常に感謝して、子ども達との笑顔の時間や思い出をたくさん作れそうです。

著者:SANA

年齢:40歳

子どもの年齢:8歳・5歳・11ヶ月

3回の流産を経験し、出産をあきらめかけていたなかで、奇跡の妊娠。無事長男を出産。その2年後には長女出産。39歳にして次女も出産し、いつのまにか3児のママに。子どもが増えるとともに幸せも増加。しかし、それに比例して体重も順調に増加中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

夫がいなくても義母に会いに行く。育児を通して、夫の家族とも「本当の家族」に
食事の前におやつ、好き嫌いも黙認。初孫に夢中で甘々の両親に困惑…
入院した長女を夫に託し、次女と2人きり。里帰りなしの産後ひきこもりライフ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP