体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秘境の地ラダックへ!バンで18時間のヒマラヤ越え

筆者撮影

TRiPORTライターのShino Ichimiyaです。
地域によってその景色も、人も、食べる物も全く違うのが広大なインドの魅力。今回はインド北部にあるヒマラヤ山脈とカラコルム山脈に囲まれた「ラダック」という地域と、そこに至るヒマラヤ山脈越えについてご紹介します。

チベット仏教の中心地「ラダック」

ラダックはインド北部の中国、パキスタン、アフガニスタンに接するジャンムー・カシミール州東部にあり、以前はラダック王国という独立した仏教国でした。文化大革命で破壊された中華人民共和国のチベット自治区よりも古い文化が残っており、小チベットと称されています。

ラダックはヒマラヤ山脈とカラコルム山脈の間にあるインダス河源流域に位置しています。中心部のレーという街は標高3,500m。 見渡せばさらに高くそびえる山々に囲まれていると気づくでしょう。冬場は凍結によりアクセスが悪く、まさに秘境の地と呼ばれる地域です。

7〜9月限定!バンで18時間のヒマラヤ越え

P1010167 2

Photo credit: Shino Ichimiya「乾いた大地と蒼い空とシャンティ – Ladakh」

チベット仏教が根付き、曼荼羅(まんだら)の美術の集積はチベットをしのぐと言われるラダック。私はその文化を体感するため向かいましたが、7,000m級の荒涼としたラダックの山々の風景に魅了されたトレッキング目当ての観光客も非常に多くいます。

「そんな高地でトレッキングなんてとんでもない!」という方にオススメなのが、バンに乗って行く18時間のヒマラヤ越え体験。7,000m級とはいきませんが、標高5,000m以上の峠を二度越えます。言葉や写真では言い表すことのできない、その圧巻の景色をぜひ体感して欲しいのです。

1)まずは高山病に備えて山中の温泉街で数泊

_1010071

Photo credit: Shino Ichimiya「乾いた大地と蒼い空とシャンティ – Ladakh」

まず、インドの首都デリーからヒマーチャル・パラデーシュ州にある標高2,050mのマナリという街までバスで移動します。バシシュトという温泉街も近いので、ここでのんびり数泊して高山病に備えましょう。

2)夜中1時に出発!レー・マナリ ハイウェイ

India/インド

Photo credit: Daisuke Tamai 「India/インド」

マナリからレーまでを結ぶレー・マナリハイウェイ。旅行代理店で手配したバンに乗って行きます。ハイウェイと言っても未塗装の道を走るため、バンの故障はしょっちゅうです。

夜中の1時に出発というスケジュール、そしてバンがなかなか現れないこともあるので不安になるかもしれませんが、根気よく待ちましょう。

3)二度の食事休憩で皆友達に

P1010218
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。