ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

箱根駅伝大好きな梅干し店店主 観客のために数々の配慮を行う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 もはや正月の風物詩となっている箱根駅伝。地元の人々にとっては、本当に大切な大会となっているという。箱根湯本の商店街に入ると、その店はある。老舗梅干し店『村上二郎商店』だ。店主の村上高嶺さん(71才)が営むこの店は、駅伝の訪れを箱根の街に知らせる“看板店”。5区の小田原中継所を過ぎて、箱根湯本に入るとすぐに見えるこの店は、ファンの間でも有名スポットになっている。

「箱根湯本駅に入ると、テレビ中継でいちばん最初に見えるのがこのお店の垂れ幕です。その垂れ幕を見ると、“いよいよ箱根だ、山登りだ!”という気持ちになって盛り上がるんですよ」(駅伝ファンの男性)

 20才の頃、応援に熱が入りすぎたあまり、選手について横浜まで併走してしまったというほど、“駅伝愛”の強い村上さんの店には、毎年12月1日になると、「青山学院大学」と書かれた大きな垂れ幕と横断幕がかかる。

「これは青学から借りているとか、頼まれているとかじゃないんだよ。全部自費で、自分で注文してやってるんだ。何十万じゃ足りない年もあるよ。毎年11月半ばになると、看板屋さんから『12月1日でいいですか?』って連絡がくる。うちの長男(45才)が青学出身で、2009年に33年ぶりに箱根に出るって決まったときに応援することにした。

 一昨年まではずっと、兄貴の出身校の神奈川大学の垂れ幕も出してたんだけど、2枚は置けなくて今は青学だけ。誰に頼まれたわけでもない。本気の応援団という気持ちでやっているんだ。うちは親父の代からファンだから」(村上さん)

 亡くなってしまった父と一緒に、村上さんは何十年も前から、妻たち家族とともに店の前に集まる見物客に振る舞い酒をしたり、駅まで応援する観客に甘酒やコーヒーなどを振る舞っている。なかには、20年、30年の“常連客”もいると いい、村上さんは2日の朝7時から掃除をして、常連客のための席も用意するという。

「車椅子の人もいるし、年をとると立って見てるのがつらいから。椅子には名前を張って、見に来たら座れるようにしてる」(村上さん)

 また、横断幕とともに名物になっているのが、店の脇に置かれる手作りの順位速報パネルだ。各大学のカラーTシャツを駒にして、大磯、小田原、湯本、宮の下…と各ポイントごとに、パネルの上の駒を動かし、30分ごとに順位速報を出している。

「これは次男(42才)が始めたもので、スタートしてからテレビやスマホで情報収集して全20校の速報を出すんです。だから次男はテレビと携帯画面につきっきりで、選手たちが店の前まで来ても全く見てないの。せっかく生で見られるのにね(笑い)。あとは観戦ガイドのようなものを趣味で100枚くらい作って配っているよ。自分にとっては本当に趣味なんだけど、おかげさまで名物なんて言ってもらえて、店の前にたくさんの人が集まってくれるようになってうれしいね」(村上さん)

※女性セブン2016年1月21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
箱根駅伝の新勢力・東洋、青学、上武などから駅伝を語った本
しずる村上 ラーメン二郎の本出版が原因で全国38店で出禁に
村上信五 熱愛説ある平愛梨にTV共演時に顔引き寄せて説教

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP