ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHK紅白 低迷一因は「綾瀬はるかの予想外の進化」との指摘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 歴代最低視聴率を記録した昨年のNHK紅白歌合戦。内容のマンネリ化、目玉不足、ベテラン勢の冷遇などさまざまな低迷の理由が指摘されている。紅白はこのまま衰退していまうのか? コラムニストのペリー荻野さんが独自の視点で昨年末の紅白を振り返る。

 * * *
 そんなわけで、昨年大晦日に放送された紅白歌合戦。初手から郷ひろみが還暦とは思えないパワーでジャパーン!!を連呼し、伍代夏子が持ち歌をあえて歌わず「東京五輪音頭」で場を盛り上げた根性に感動。あとは乃木坂46やらNMB48やらやたら団体さんがいっぱいで目がチカチカ。

 AKB48に前田敦子、大島優子サプライズ参加で高橋みなみ渾身のイリュージョンも吹き飛んだようなあなどと思いつつ、「まあ、いつまでも若い女の子が歌い踊れる世の中であってほしいものよ」などとのんきに観ていたのだが、先日発表された平均視聴率は第一部が関東地区で34.8%、第二部39.2%。第二部は関東地区では二部制に別れた1989年以降、最低を記録。このコラムでは出場者発表直後に2013年の『あまちゃん』、2014年の『アナ雪』に匹敵する目玉不足を心配していたが、痛い結果となってしまった。そこで今回は、なぜこのような事態になったのか? 勝手に反省会をしてみたいと思う。

 反省その1、審査員に五郎丸を獲得できなかった。なんといっても昨年の顔といえばこの人だったが、肝心の本人は同時刻TBSの『史上最大の極限バトルKYOKUGEN2015』に初参戦。「最強キッカー頂上対決五郎丸VS遠藤! 幅50センチ極狭ゴール通せるか!?」てなことをしていたのである。そこで紅白では、氷川きよしが威勢のいい『男花』を歌う際に、赤白のユニフォーム姿の男子を舞台上にずらりと投入。その数実に100人以上!! 応援団の名前が「百四十五郎丸ダンサーズ」なので正確には百四十五人?の五郎丸風男子が例のポーズをとり、濃紺のマントをたなびかせて熱唱するきよしを取り囲むというとてつもない図になったのだった。

 反省その2、綾瀬はるかが思わぬ進化をとげていた! 二年前、初司会の際には、ガチガチの曲紹介と独特の間でカックンとなるゲストとのフリートークで視聴者をハラハラさせた綾瀬はるかが、二回目司会となった今回は別人のごとくスラスラと落ち着いた進行を展開。白組司会の井ノ原快彦と稲垣吾郎が「白組にはなぜ巨大衣装がいないんだ」とあーだこーだやりとりしている中、すっと割って入った綾瀬は「はい、それでは紅組勝利の秘密兵器、水森かおりさんで…」としっかりと曲紹介を完了。

 ディズニーキャラクターのコーナーでは、堂々と『星に願いを』を歌い、ゴールデンボンバーがまさかの四回連続『女々しくて』を紅白で歌うという珍記録を達成した際には「あと何年この曲でいかれるんでしょうね」とナイスな発言までしてみせる余裕だ。なんだ全然心配ないじゃん。よかったよかった。でも、なんか期待した司会ぶりとは違っている…。

 綾瀬の横では、銀色の巨大バルーンスカートの黒柳徹子がミッキーマウスに「ハグして!!」と大興奮。トリの近藤真彦を「(デビュー当時は)やんちゃでどうなるかと思っていた」、紅組勝利で「(総合司会の立場だが)やっぱり紅組が勝つとうれしい」などと自由すぎる司会ぶり。皮肉なことにふつうに進化した綾瀬より、進化を究め、別次元にいった徹子のほうが面白いという展開になったのだった。

 数億光年はある島津亜矢ファンとμ’Sファンの間を埋めるため、多くのキャラクターが登場し、懐かしの名曲も歌われた。今井美樹も高橋真梨子も二の腕を出したドレスでベテランらしい歌声を聴かせた。ただ、アニメ紅白からディズニー、スター・ウォーズ、震災から五年、終戦70年など特別企画が目白押しでバラけた印象が残ったのも事実。来年はもっと図太くテーマを絞って勝負に出てほしい。あ、ゴールデンボンバーはそのままでいいです。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【2016年大予言】綾瀬はるか 誕生日電撃婚に記者が大わらわ
紅白歌合戦司会者 屈指の名コンビは上沼恵美子と古舘伊知郎
「山本周五郎は強烈な学歴コンプレックスの持ち主」と研究者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP