ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宇治茶老舗の自信作、米粉やあられをつかったザクザク食感のチョコクランチで日本茶タイムをどうぞ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


新年を迎え、日本茶をいただく機会も多い季節。お茶うけとして、ちょっとおしゃれな新感覚のスイーツはいかが?

1月8日に祇園辻利より発売される「がとーぶぶ 抹茶チョコクランチ / ほうじ茶チョコクランチ」は、お茶とお米にこだわった宇治茶スイーツ。小麦粉でなく米粉やあられでつくったチョコクランチなのだ。

「がとーぶぶ」は、洋菓子なのにどこか和菓子のようなスイーツとして開発されてきた、祇園辻利のスイーツブランド。2014年には第一弾としてフィナンシェが発売された。今回のチョコクランチは第二弾となる。


「がとーぶぶ 抹茶チョコクランチ / ほうじ茶チョコクランチ」は、宇治茶専門店のこだわり厳選の宇治抹茶と宇治ほうじ茶を使用。抹茶チョコクランチには抹茶の原料になる茶葉を使用、ほうじ茶チョコクランチにはほうじ茶葉をトッピング。深いお茶の味わい薫るチョコクランチに仕上げた。

パッケージはお茶とお米を表現したポップで高級感ある三角形のボックス。ギフトにもお土産にもぴったりだ。

「がとーぶぶ 抹茶チョコクランチ / ほうじ茶チョコクランチ」は7粒入りで各税込756円、抹茶・ほうじ茶セットが税込1512円となっている。

日本茶でほっと一息つくときには、ザクザク食感の「がとーぶぶ 抹茶チョコクランチ / ほうじ茶チョコクランチ」をごいっしょにいかが?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP