ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【京都のタイ料理屋】今出川通烏丸西入ル「イーサン」で食べた『タイ料理ランチバイキング』

  • ガジェット通信を≫

บุฟเฟ่ต์อาหารไทย ビュッフェット アーハーンタイ
タイ料理ビュッフェ

「タイ料理のビュッフェがある」という噂を聞いて、来てみたのがこのレストラン。
近くには同志社大学のキャンパスもあり、地下鉄今出川駅から歩いて1分の好立地。人の行き来がそれほど激しい界隈ではないけれど、ランチ需要は結構あるんだろう。このお店以外にも幾つか飲食店が立ち並ぶ。


店内はややこじんまりしているいるけど、お客さんも多くて盛況だった。
常連さんも多いらしく、店長らしい人が挨拶しているのを何回か見た。


サワディー人形(?)もお出迎え。

メニューを見て驚いた。むちゃくちゃランチのメニュー数が多い! ビュッフェ目的で入ったけど、ビュッフェだけじゃなくて米麺セット、一皿飯のセット、タイカレーのセット、それぞれいろいろなメニューがあって、十数種類以上のバリエーション。 これはすごい! どうしようか迷ったけど、ここは当初の目的を尊重し?ビュッフェを選択。早速ビュッフェコーナーへ行ってみた。


どどんと置かれた料理たち。本日のメニューはカイルーククイ(揚げ焼き卵のタマリンドソースがけ)、ミーパッシーユ(中華麺のタイ醤油炒め)、パットパックルアンミット(野菜炒め)、ゲーンペット(レッドカレー)だった。ランチビュッフェの内容は日によって変わるみたい。 他にも、タイのでデザート、サラダなどもあって全部で15種類!


ガツンと盛ってみた。躊躇なくモリモリ食べてゆく。 笑 現地の味と比べると(甘味等が抑えめで)あっさりしているけど、味が薄いというわけでもない。タイ人も納得できる味わいなんじゃないかな。カイルーククイのタマリンドソースは、現地で食べるともっと甘くてコッテリしているんだけど、さすがに味薄めでマイルドな味わいだった。


レッドカレーも美味しかった! ペーストの香りがちゃんと出ていて、文句ない。鶏肉がゴロゴロ入っていて、千二百円のランチにこんなに鶏肉入れて大丈夫なのかとこっちが心配になるレベル。


タイのお菓子も充実していた。今日のお菓子は…。カノムモーゲンとカオニアオクルアイ(バナナと餅米のお菓子)、カノムターン、クルワイケーク(揚げバナナ)だった。


バジルシードとお芋を蒸したものが置いてあったので、氷をかけて冷たくして食べてみた。いや、これは鉄板でしょ。(^^

全体的に甘すぎず、辛すぎず…。非常にバランスが整ったタイ料理だな〜と思った。
ただ、ビュッフェは安いけどメインとデザート、サラダも合わせて15種類というのが… 実際食べてみるとちょっとバリエーションが少ないかな?と感じた。 個人的にはカレーは2種類欲しかったな…。たくさん食べたいならビュッフェがオススメだけれど、そんなにドカ食いしないって人は豊富なランチメニューの中から選んだほうがいいかもね。

メニュー数も多いしビュッフェもあるし、選べる楽しさがあるのがとってもいい! 料理も文句なく美味しい!!
なかなかオススメのタイ料理やさんだった〜!(^_^)

イーサン

街かどタイ料理! - トムヤムBlog -の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP