ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地元の人の服に注目!目を楽しませてくれる旅先の伝統衣装

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Takuo Shikata 「経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿

TRiPORTライターの志方拓雄です。
新年に着物や袴を身に付けて、初詣に出かけた人もいるかもしれませんね。日本の伝統衣装は、お正月や式典などの特別な日には活躍しますが、それ以外での出番は減り、街角で着物姿の人を見つけたときには、物珍しささえ感じます。

世界でもこうした潮流は変わらず、グローバル化や流通の発展などにより、その国ならではの伝統衣装を見かけることが少なくなりました。さらに2000年代に入ってからはファストファッションが流行。その影響もあってか服のトレンドも似通い、旅先で現地の人々の装いに視線を奪われることが少なくなってきました。

そこで今回は、伝統衣装にスポットを当て、筆者がこれまで訪れた国の中で印象的だった装いをピックアップして紹介します。

通気性もバツグン!ミャンマーのロンジー

2015年、歴史的な政権交代が決まったミャンマーの総選挙。テレビでニュースを目にした人もいるでしょう。その中で、ミャンマーの人々が男女問わず巻きスカートのような衣装を身にまとっていたのが映し出されていました。2005年に筆者がミャンマーを訪れた際、タイから空路でヤンゴンに入ると、大都市の中心地でさえ、まだ人々はこの巻きスカートのようなロンジーという衣装に身を包み、街を闊歩していました。

10年前は市場で綿素材のロンジーが1ドルで購入できました。値段も安かったので試しに買って着てみると、筆者はその実用性に驚かされたのです! 熱帯のミャンマーでは、ジーンズを履いていると、暑さで蒸れてしまいます。一方でロンジーは、筒状で通気性がよく、着心地がバツグン。いまでも夏になると、部屋着として大活躍しています。

メキシコの帽子と靴は定番のスタイルで決まり

Photo credit: Takuo Shikata 「カウボーイハット&ウエスタンブーツ 古き良きメキシコを感じる街 チワワ

筆者が中学生の頃に好きだった曲のPVの舞台になっていたメキシコ。PVを見ているうちに、メキシコの赤茶けた大地とサボテンの光景が強烈に頭に焼き付けられていました。いつか訪れたいという夢が大人になって現実になり、メキシコシティに降り立つと、そこは大都会。
「サボテンは?」「あの赤茶けた大地は…?」
そんな疑問もむなしく、スーツやジーンズ姿の人々が足早に街を駆け抜けていました。

メキシコの国内線で北部のチワワまで向かうとき、上空からサボテンはさすがに確認できなかったものの、乾いた大地があのPVの世界観を思い出させてくれました。

チワワに着いて町を歩いてみると、ウェスタンブーツとカウボーイハットが売られている店をところどころに見かけます。周囲を見渡すと、服はジーンズでも足元は自慢のウェスタンブーツに、カウボーイハットで決めている人があちらこちらに。その人の存在だけで、その空間が一瞬にして異国情緒に溢れたものに映るのです。

写真撮影には断わりの一言を

筆者撮影:2007年 ペルー

マチュピチュなど、日本人観光客に人気のスポットがあるペルーにも独特な伝統衣装が! 少数民族の伝統衣装は独特の刺繍で装飾され、とても見応えがあります。装いによって未婚・既婚を区別するなど、それぞれの伝統を今もなお受け継いでいるのです。こうした鮮やかな衣装を見かけると、思わずカメラのレンズを向けたくなるでしょう。

なかには、観光客に撮られることを前提に、伝統衣装に身を包み、撮影に応じてくれる人たちもいます。その場合は、撮影後に心付けを渡せば特に問題はありません。一方、日常着としてこうした伝統衣装に身を包む人たちを撮影する際は、一言断りを伝えるのがマナーです。ときには撮影を拒否されることもありますが、一方で伝統衣装に興味を持ってくれたことに感謝し、模様や服の形の意味など服にまつわるストーリーを話してくれる人もいます。

皆さんも次の旅行の際には、地元の人の衣装にも注目して旅をしてみてはいかがでしょうか。

ライター:志方拓雄
Photo by: Takuo Shikata 「経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿

関連旅行記はこちら

*Takuo Shikata「経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿

*Takuo Shikata 「カウボーイハット&ウエスタンブーツ 古き良きメキシコを感じる街 チワワ

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP