ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヒステリックパニック、ツアー最終公演でニューシングル発売&東名阪ワンマンツアー開催を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“エクストリームJ-POPバンド”ことヒステリックパニックの初の全国ツアー『オトナとオモチャでアソボウゼ・ツアー・ファイナル・シリーズ』が、1月4日に名古屋ダイアモンドホールにて大盛況のうちに終幕! 30ヶ所、1万人のキッズ達を熱狂させた。

ヘヴィかつポップな音楽性、トリプルヴォーカルと破天荒なキャラクターで、ラウドシーンの中でも異端の存在として注目を集め、もはや名古屋を代表するバンドといっても過言ではないほどに成長したヒステリックパニック。年末の『COUNTDOWN JAPAN 15/16』に出演し、約8千人を動員したASTRO ARENAをまるでライブハウスのような一体感で沸かせたことも記憶に新しい。

1月4日、対バンにBiSHを迎えたツアーファイナルとなる名古屋ダイアモンドホールでは、この日から発売された会場限定シングル『Big Issue』を引っさげ、BiSHとのセッションも行うなど、サークル・ピットからモッシュ、ダイブそして全員でのシングアロングまで、オーディエンス個人個人が楽しみたいように楽しみ、まさにヒスパニらしさを象徴する”何でもアリ”とも言える異様な盛り上がりを見せたライブとなった。

そして、アンコール時のMCでとも(Vo)が待望のニュー・シングルのリリースと、さらにバンドとしては初となる東名阪ワンマンツアー『ONEMANMAN』の開催決定を発表し、興奮さめやらぬフロアを後にした。

1年ぶりメジャー2ndシングルとなる今作は、怒涛の全国ツアーで鍛えられたヒスパニ第二章の幕開けにふさわしく、リーダーのTack朗曰く「ヒスパニ史上最強の歌って、踊れる、ダンス・チューン」、とも(Vo)は「これからのフェスで盛り上がり必至な『全く新しいタイプ』のポップでラウドなヒスパニの新たなるアンセムが完成」と、このシングルの出来に自信を見せている。詳細は後日発表されるが、早くも期待が高まる仕上がりになりそうだ。

さらに、初回盤にはこの日のツアー・ファイナルの模様を収録したDVDが付属される予定。ますます勢いづくヒスパニの今後の動向にぜひ注目してもらいたい。

シングル「タイトル未定」
2016年4月20日発売
※初回限定盤(ライブDVD付き)・通常盤予定

東名阪ワンマンツアー『ONEMANMAN』
4月30日(日) 愛知 Electric Lady Land
5月08日(日) 東京 TSUTAYA O-WEST
5月13日(金) 大阪 MUSE

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP