ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ライブで盛り上がること間違いなし!光に反応するマスク「The Sound Reactive Mask」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ペンライトを振ったり、光るブレスレットを付けてライブを鑑賞することは、一部のアーティストのライブで恒例になっている。そんな鑑賞法に一石を投じるアイテムが登場。カナダのモントリオールのデザインチーム「Outline Montréal」が、音に反応するマスク「The Sound Reactive Mask」を開発し、Kickstarterで出資を募っている。

・マスクを付けてパーティーの一部に


このマスクを開発したのOutline Montréalによると、光を使った遊びがパーティー・コンサート・フェス会場で急激に増えており、現在はそのようなアイテムのバリエーション少ないので、パーティーをさらに盛り上げるために開発したとのこと。

技術面だけでなく、こだわりはデザインにも及ぶ。暗闇でも一目でわかる夜行性のヒョウをモチーフにしたデザインになっており、音に反応しマスクのライトが変化。

公開されている動画ではエレクトロミュージックが使われているが、マスクはあらゆる音楽のリズムに反応にするように作られているので、今後様々なイベントでマスクをつけた観客が見受けられるようになるかもしれない。

・配送は2016年2月以降


バッテリーは必要なものの重さはわずか89グラムと全く苦にならない重さ。

The Sound Reactive Maskはキックスターターで出資を受け付けており、2016年1月5日現在、2万6000カナダドル(約220万円)を集めており製品化は確実。30カナダドル(約2600円)から購入が可能だったが、既に売り切れており、セット販売でないと購入することができない。

フランスのアーティストDaft Punkは仮面をつけた状態でライブを行うことで有名だが、仮面舞踏会のように観客がこのお面を被って参加するライブイベントもなかなか楽しそうだ。
The Sound Reactive Mask

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP