ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京都水族館で開催中!体験型アート『雪とくらげ』が美しい・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法となりつつありますが、京都水族館では、雪とクラゲがコラボレーションしています!

冬の京都の自然美と
海の生物が融合した水族館

画像は、京都水族館のクラゲゾーンで現在開催中の「四季を楽しむインタラクティブアート」の第一弾。冬を楽しむインタラクティブアート『雪くらげ』の展示風景です。
ミズクラゲの展示スペースに、雪景色をまるまる投影。水槽内をたゆたう優雅なクラゲと映像が調和した空間は、水族館にいることさえ忘れてしまいそうですね。

そもそも、インタラクティブアートとは、鑑賞するだけでなく、観客が参加することで完成する芸術作品のこと。この『雪とくらげ』も人の動きに合わせて、壁や床に投影された映像が刻々と変化する演出が見どころ。
たとえば、降り積もった雪の上を実際に歩いたかのような足跡がついたり、上の写真のように足跡が波紋となって広がるなど、水槽の中だけの世界から飛び出し、空間全体を楽しむことができるようです。

古都に降る雪をイメージした
オリジナルのアロマ香も

このほか展示スペースでは、京都の歴史ある町並みに降るしなやかで柔らかい雪をイメージしたオリジナルアロマの香りが楽しめるそうです。リリースによれば、瑞々しく華やかで、白粉(おしろい)を思わせる甘い香りなんだとか。

また、映像とともに流れる雪景色をイメージした音楽は、ミズクラゲの拍動をベースにリズムを取るこだわりよう。きっと、ゆったり静けさ漂う旋律なんでしょうね。

ちなみに、クラゲゾーンにはミズクラゲのほか、こんな色鮮やかなクラゲたちも。

冬を楽しむインタラクティブアート『雪とくらげ』は、3月13日(日)まで開催中。営業時間等の詳細はこちらから。真冬の京都の楽しみに立ち寄ってみては?

Licensed material used with permission by 京都水族館 , yo426co

関連記事リンク(外部サイト)

世界で一番「効果がある薬」を紹介するCMが海外で話題に・・・
低コストで大量の電力を生み出す!「羽のない風力発電機」が世界を変えるかもしれない…
離婚してすべてを失った男性が、愛犬と始めたInstagram(15枚)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP