ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

快挙続きのアデル『25』、全米Billboardチャート6週連続1位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アデルの『25』が2015年12月31日締めの週間セールスでさらに36万3,000枚相当を売り上げ、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”にて6週連続No.1を獲得した(ニールセン・ミュージック調べ)。純粋なアルバム・セールスはこのうち30万7,000枚だ。

 11月20日にリリースされた『25』は、同週までに全米で744万枚を売り上げたことになる。これは2015年で最も売れたアルバムとなっただけでなく、アッシャーの『コンフェッションズ』が798万枚セールスを記録した2004年以来、最大の年間セールスを叩きだしているのだ。

 また、『25』はスーザン・ボイルの『夢やぶれて(I Dreamed a Dream)』(2009年12月12日から2010年1月16日の週まで)以来初めて、リリース初週から立て続けに6週連続1位を達成した作品でもあるほか、『アナと雪の女王』サウンドトラックが2014年前半(3月29日付けから5月17日付け)に8週連続1位をマークして以来、初めて5週を上まわる連続No.1をマークしている作品でもある。ちなみに、『アナと雪の女王』サウンドトラックは合計で非連続13週にわたりNo.1を獲得した。

 しかし、『25』の快挙はこれだけではない。リリースから6週連続で週間セールス30万枚越えを記録しており、これは2001年以来初となる。同記録を達成した直近のアルバムはクリードの『ウェザード』で、2001年11月20日のリリースから6週にわたり毎週30万枚以上を売り上げた。

 なお、多くのアーティストやレコードレーベルがクリスマスにあわせて新譜をリリースしない傾向にあるため、12月31日締めの“Billboard 200”チャートのニューエントリー作品は依然少ない。そんななか、最高位で初登場したのは50位にチャートインしたキッド・インクの『Summer in the Winter』だ。12月25日にリリースされた同作は、自身5作目のチャートイン・アルバムとなった。

 トップ10に話を戻すと、アデルに続くのはジャスティン・ビーバーの『パーパス』で、変わらず2位(21万7,000枚)の座をキープ。続く3位は以前No.1を獲得したトゥエンティ・ワン・パイロッツによる『ブラーリーフェイス』で、11位からの浮上(7万9,000枚)だ。同週に行われていたiTunesでのセール販売と、ラジオ・エアプレイやダウンロード・セールスを伸ばしたシングル「Stressed Out」の影響もあるだろう。

 続いて、4位は6位から浮上(7万5,000枚)したワン・ダイレクションの『メイド・イン・ザ・A.M.』、5位は7万枚を売り上げ21位からトップ10圏内に返り咲いたフェティ・ワップによるセルフタイトル・アルバム。ザ・ウィークエンドの『ビューティー・ビハインド・ザ・マッドネス』は6万9,000枚で9位から6位へ、セレーナ・ゴメスの『リバイバル』も5万7,000枚を売り上げ15位から7位へ上昇した。

 8位はクリス・ブラウンの『ロイヤルティ』で、2週目にして3位からのダウン(5万5,000枚)。9位はテイラー・スウィフトの『1989』(5万4,000枚)、そして最新チャート・トップ10を締めくくるのは、33位から大きく浮上した(5万3,000枚)ブライソン・ティラーの『トラップソウル』となっている。

関連記事リンク(外部サイト)

ブライアン・セッツァーを特集したムック本が発売
故ナタリー・コールが語っていた“一番辛い父の死”に対する思い
キム・カーダシアン、生まれたばかりの息子セイント・ウェストの写真初公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP