ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

危険な場所を具体的に指摘 子供を守るための防犯マニュアル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『子どもは「この場所」で襲われる』小宮信夫/小学館新書/799円

 子供に「暗い道は危ない」「怪しい人に気をつけて」と教える親や教師は多い。だが防犯の専門家の著者は、街灯は必ずしも犯罪の抑止にならず、犯罪者は不審者に見えない格好をしているという。

 この現実を踏まえ、著者は子供に犯罪が起こりやすい場所を教え、そこに近づけないことが最も効果があるとする。誰でも入れるのに、外から見えにくい木に囲まれた公園や店舗のトイレなど、危険な場所を具体的に指摘。子供を守るために、親や地域共同体にできることを解説している。

※女性セブン2016年1月21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『罪と罰』等名作の犯罪者を実際に裁判にかけたら…の解説書
北野武が「道徳」の教材はツッコミどころ満載と喝破する書籍
酒鬼薔薇事件以降増えた「普通の少年」の犯罪防ぐ策に迫った書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP