ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

箱根駅伝関連宿泊施設 観客や参加校のために大わらわの一日

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本の正月の大きな楽しみともいえる箱根駅伝。地元箱根町は選手のことも、それを応援する観客のことも快く受け入れ、大会を支える、それは、宿泊施設も同じ思いだ。温泉街・箱根にあるホテルや旅館は、1月2~3日の予約が1年前からすでにいっぱいだという。

「駅伝のある2日と3日は戦争です。ある大学が定宿にしている旅館は、駅伝を見に来る一般のお客さんも多い。やることといえば、“山のよう”という比喩ではとても足りません。2つの大学を受け入れる時はライバルだから一緒にならないよう、階数を分けて食事の部屋も別々。専門の栄養士をつけているので、料理は栄養士の指導通りに作っているそうです。それとは別に、もちろん一般のお客様のも用意しなければいけません」(ホテル関係者)

 3日の復路の朝は早い。選手たちは朝の3時半には出発する。すなわち、それまでに朝食をすませなければいけないということ。

「出発の1時間前にはできていないといけない。とにかく、普通のお客さんとは動く時間が全然違うんですよ。2日の日は、夕方5時には就寝して、翌日の午前1時過ぎ頃に起床します。そのスケジュールで動いていたら、旅館側は寝る時間どころか、トイレにいく時間をとるのも大変。

 3日の朝に送り出しても、今度は一般のお客様の朝ご飯の仕度があります。箱根の宿泊施設で働いていると、“駅伝はテレビで見るのがいちばん!”と思いますよ。でもね、噴火報道があっても、学校や常連さんからキャンセルはなかった。どこか不安だったけど、だから大丈夫と思えたんです」(前出・ホテル関係者)

 例年、“神”が生まれる箱根の山登りの5区。そのコースにある、ホテル小涌園前には大勢の人が詰めかけ、中継の名所にもなっている。ホテルのスタッフたちも沿道から選手に温かいエールを送る。

※女性セブン2016年1月21日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
箱根駅伝の新勢力・東洋、青学、上武などから駅伝を語った本
箱根駅伝の関係者ら 「中止」という言葉に敏感になっている
もうすぐ箱根駅伝 一体何歳まで何回出場できるのかご存じ?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP