ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホの背面にピタっ!くっつけるだけで充電できる電池パック「STACKED」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソファやベッドに転がりながらスマホをいじるというのはよくあること。そんな時に、バッテリー不足になって充電ケーブルにつながなければいけない…という状況はうっとうしい。

そもそも近くにコンセントがあるとは限らないし、ケーブルの長さにも限界がある。

そこで、スマホの背面に取り付けるだけで充電できる、ケースと電池パックのセット「STACKED」を紹介したい。

・スマホと電池パックが一体化

専用ケースと電池パックはマグネットでくっつき、スマホのバッテリーが少なくなったらユーザーはパックをくっつけるだけで自動充電される。

STACKEDの最大のメリットは、スマホとパックが一体化するので、仰向けになった状態でも充電しながらスマホを操作できるということ。

ケーブルの長さを気にしたり、つないだモバイルバッテリーのために操作ポジションが制限されたり、ということもなくなる。

・パック4つを重ねて同時充電

電池パックの容量は2750mAhで最新型のiPhone6s(1715mAh)であれば。パックそのものを充電するには、充電ステーションをコンセントに差し込むかUSBケーブルで電源を取り、ステーションにパックをくっつける。

パック同士もマグネットでくっつき、一度にパック4つまで重ねて充電できるというのもユニークだ。

ケースはiPhone 6、6S、6プラス、6Sプラスに対応。気になるお値段はというと、ケースと電池パック1つのセットが129ドル、電池パック単品は58ドルとなっている。

ケーブルフリーになるとスマホライフの利便性がますますアップしそうだ。

STACKED

Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP