体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベトナムを徹底ガイド!人気のおすすめ観光スポットTOP15

Photo credit: Yoshimi Baba「ベトナム・タイ」

Photo credit: Yoshimi Baba「ベトナム・タイ」

TRiPORTライターのさとりんです。
ベトナムと言えば、日本でもフォーや生春巻きなどが人気ですよね。
トゥクトゥクなどが走る街には、特別に派手なものがあるわけでもなく、比較的な地味な街並み。しかし、そんな街並みを歩くとなぜか穏やかな気持ちになり、癒される。ベトナム全体にのんびりとした時間が流れています。
今回はそんな情緒溢れるベトナムの人気のあるおすすめ観光スポットを15個と、ベトナムの旅行記をご紹介します。

ベトナムについて

ベトナム社会主義共和国(ベトナムしゃかいしゅぎきょうわこく)、通称ベトナムは、東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和制国家。首都はハノイ。ASEAN加盟国、通貨はドン、人口9,250万人(2014年末)。
国土は南北に細長く、北は中国、西はラオス、南西はカンボジアと国境を接する。東は南シナ海に面し、フィリピンと対する。
出典 ベトナム-Wikipediaより

首都:ハノイ
面積:32万9241km2
人口:約9072万8900人(2014年)

Photo credit: TUBS [GFDL or CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

Photo credit: TUBS [GFDL or CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

<ベトナムの人気観光スポット15選>

1. メコン川

Photo credit: Mizuki E「【1泊2日】ホーチミンからバスで行く激安メコン川ツアー」

Photo credit: Mizuki E「【1泊2日】ホーチミンからバスで行く激安メコン川ツアー」

メコン川は中国のチベット地区からラオス、ミャンマー、タイ、カンボジアを通ってベトナムまで流れています。その長さ4000㎞。世界第12位を誇る大河です。褐色の川と川岸の緑が織りなす豊かな湿潤地帯がメコン川のお馴染みの風景。
この辺りは、アジア最大の穀倉地帯として、ベトナム経済を大きく支えています。また、この河口の周辺の街では、大河の河口ならではの特有の生活習慣や、文化が存在します。
メコン川ツアーなどもあるので、是非メコン川を渡ってみましょう。その魅力に触れることができますよ。

海か湖かと思うくらい雄大な川の流れはなかなか日本では見る機会が無く「凄いなぁ」と思わせる景色でした。船の往来も結構あったり、魚の養殖場もあったりしてアジアのたくましさも感じました。
出典 “これがあの!”メコン川の口コミ-トリップアドバイザー

メコン川(Mekong River)
住所:Mekong River, Vietnam

2. ニャチャンビーチ(ニャチャン)

Photo credit: Shino Ichimiya「商いの花が咲く国 - Viet Nam」

Photo credit: Shino Ichimiya「商いの花が咲く国 – Viet Nam」

フランスの統治時代から続くリゾート地。真っ白な砂浜が7㎞にも渡って続いているこのビーチは、ベトナムでとびっきりのスポット。世界中から観光客が訪れます。また、年間を通して泳ぐことができるのも魅力のひとつです。
ビーチに並行して走る大通りには、リゾートホテルやレストラン、おしゃれなフェが並んでいます。ビーチで思いっきり泳いではっちゃけるのもよし! 穏やかな風に吹かれながらのんびりと浜辺を散歩、読書、ピクニックをするもよし! 楽しみ方はあなた次第。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。