ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

懐かし駄菓子ランキング! あなたの好きなあの駄菓子は何位?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

小さいころ、お小遣いを握りしめて駄菓子屋に通っていた人は多いはず。「スイミングの帰りに必ず寄ってたなあ」「おばあちゃんがよくおやつに買ってきてくれたっけ…」そんなノスタルジックな思い出がよみがえります。
そこで、今回は20代後半〜30代の方を中心に、「よく買っていた駄菓子と、中でも一番好きな駄菓子」についてアンケートをとり、ランキングにしてみました! すると、意外な結果が…?

 

とにかく種類が多い! よく買っていた駄菓子ランキング

投票してくれた方の中にはお菓子の名前が思い出せなかった方もいるようですが、形などの特徴を書いていただいたので「おそらくコレだろう」というものに票を入れさせていただきました。その結果、挙がった駄菓子の名前は全73種類! さて、気になる結果は?

1位:うまい棒
2位:よっちゃんイカ
3位:ポン菓子(にんじん)
4位:さくらんぼ餅
4位:ビッグカツ
4位:蒲焼さん太郎
7位:キャベツ太郎
7位:ビッグカツ
9位:ふ菓子
10位:ねるねるねるね

さすが、安くておいしい「うまい棒」は強い!

「いろいろな味が楽しめるのが好き」(28歳・女性)

「ふと食べたくなって、今でもコンビニで買ってしまいます」(30歳・男性)

というファンもいるほどの人気ぶりです。5位の「さくらんぼ餅」は、他に青りんご、サイダーなどのバリエーションも名前が挙がりました。

「安いし、量が多い」(29歳・男性)

というのが主な理由。子ども時代の切実なお小遣い事情が伝わってきますね…。

 

 

これが真のランキング!? 大好きな駄菓子ランキング

次に、よく買っていたお菓子の中でも「特にコレが好き!」というものを選んでもらいました。先ほどのランキングだとお菓子の知名度が影響しますが、こちらはおいしさ勝負! うまい棒の二冠なるか!?

1位:蒲焼さん太郎
2位:うまい棒
3位:ポン菓子(にんじん)
4位:ふ菓子
4位:さくらんぼ餅
4位:すもも漬け
4位:ビッグカツ
以下、1票以下のため割愛

「うまい棒」二冠達成ならず…! 「蒲焼さん太郎」が1位に躍り出ました。数ある「太郎」シリーズの中でもぶっちぎりの人気。「キングオブ太郎」ということですね。

「パリパリ食感としょっぱい味がたまらない!」(27歳・女性)

「実はご飯に乗せて食べてもおいしい。お金がない学生時代によくお世話になりました(笑)」(32歳・男性)

とのコメントが寄せられました。もはや駄菓子の枠を超えています……

 

勝利者インタビューならぬ、勝利者(の販売元)インタビュー!

さて、栄えある1位に輝いた「うまい棒」と「蒲焼さん太郎」。実はどちらも同じ、株式会社やおきんが取り扱っている駄菓子でした。そこで、数多くの駄菓子を扱うやおきんの広報さんを直撃! それぞれの商品のヒミツを伺いました。

まずは、高い支持率で「大好き駄菓子ランキング」のトップに輝いた「蒲焼さん太郎」について。

――物心ついた時からずっと売られている気がするのですが、いつごろから販売されているのでしょうか。
「昭和56(1981)年ごろからなので、もう30年以上になりますね」

――でも、やっぱり味は時代に合わせて少しずつ変わっているのでは?
「確かに、味付けは時代に合わせて少しずつ改良を加えています。昔に比べて、どんどんおいしくなっているはずですよ。ただ、パッケージは、価格表記などを除いて発売当初からほぼ変わっていません」

昔ながらのパッケージの印象が強いですが、中身は進化を続けていたなんて…! 黙って己を磨き続ける「蒲焼さん太郎」の生き様(?)に、漢(おとこ)を感じます!

続いて、知名度ナンバーワンの「うまい棒」についても伺ってみました。「うまい棒」といえば、たくさんの種類があるため、それぞれの「推しうまい棒」を巡って議論になることもしばしばです。

――今、「うまい棒」は何種類あるのでしょうか。
「現在はうまい棒だけで16種類ですが、『うまい棒プレミアム』『うまい輪』『うまい玉』などの関連商品を含めるともっとたくさんあります。常に新しい味を開発しているのですが、開発を進めているうちに新たな味が生まれて、意外なヒット商品になることもあるんですよ。おいしい商品が完成すれば、終売する味と入れ替えて販売するので、年に1〜2種類、新味が出ることもあります」

――特に売れている味はどれですか?
「コーンポタージュ味は昔からよく売れていますね。うまい棒はもともとコーンスナックいなので、コーンポタージュ味との相性抜群。幅広い年代の方に愛されています。めんたい味は初めて食べたときのインパクトが強いのか、小さい頃から食べ続けているという20〜30代の男性が多いようです」

――最近では、ご当地の味を取り入れたうまい棒もあるようですね。
「その中ではなっとう味がとても人気です。フリーズドライした納豆パウダーを使っているので、口に入れた時に納豆の粘り気を感じられるようになっているんですよ」

――ちなみに、今までに発売された味にはどんなものが?
「変わり種ですと、かにシューマイ味、ギョ!the味、豆リカン味、梅おにぎり味といったものがあります」

――これだけたくさんの種類がある「うまい棒」ですが、全て揃っているお店ってあるんですか?
「亀戸にある、アンテナショップ『楽駄屋』でなら、全種類取り扱っていますよ」
全種類が並ぶ売り場を目にしたら、テンションが上がってしまいそう! 駄菓子好きは一度行ってみてはいかがでしょうか。

今でも大人気のうまい棒の売上は、年々伸びているそう。
「36年にわたり、たくさんの種類を販売してきましたが、手軽に買える価格と、自分だけのマニアックな味を見つける楽しみがあって長く愛されているのだと思います。近年は、プレミアムうまい棒の発売によって大人も手に取りやすくなりましたし、おみやげに買っていく外国人観光客も増えているんですよ」
子どもから大人まで、みんな知っているうまい棒。親から子へ、そして世界へ(!?)と、そのおいしさが引き継がれているんですね。

 

子どもの頃よく買っていた駄菓子ですが、その多くは今でも買うことができます。時には童心に帰って、懐かしいお菓子を食べてみるのもいいかもしれません。駄菓子を持ち寄ってホームパーティを開いてみたら、思い出話に花が咲きそう!

協力:株式会社やおきん

楽駄屋
東京都江東区亀戸6-31-1
TEL:03-5626-8444

関連記事リンク(外部サイト)

2016年のあなたは日本全国で何位!?自分の運勢ランキングをチェック!
男性の80%は「楽しい女性」が好き! じゃあ「一緒にいて楽しい」ってどのライン?
即サヨナラ!彼氏に絶対に着てほしくない“NG服”10選
【実証】男性の9割以上が支持!? “ぽっちゃり女子ブーム”はホントにきてるの?
【O型ってこんな人〜職場編〜】敵に回したら面倒な血液型No.1!?味方につければ100人力!

omotano
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP