体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【危険】スマホがあなたにもたらす「8つのリスク」

85singo_00056_Layer-Comp-520-600x600

スマホも使い方によっては、いろいろなリスクがあるもの。事故、健康、人間関係にも影響することはなんとなくわかりますが、ここでは「Little Things」がリストアップしている様々な可能性を改めておさらいしておきましょう。

01.
スマホ見ながら…は
事故の原因

85singo_0004_Layer-Comp-520-600x600

ほとんどの人が複数のことを同時にできると思い込んでいます。しかし、実際には非常に危険なもの。「National Accident Helpline」の研究によると、スマホを見ながら歩く43%の人が、壁や物にぶつかっているそうです。

テキストを打っている歩行者は、道路標識や信号機を認識しない可能性が4倍も高くなります。ながら運転を理由に毎年150万人以上の人が事故で亡くなっているそうです。

02.
手首や姿勢に悪影響

85singo_0006_Layer-Comp-720-600x600

「手根管症候群」など、長期間一定の体勢を維持することは、筋肉、腱、神経などに悪影響を及ぼす可能性があります。

とくにスマホは、腕が不自然な位置に持ち上げられ、首も曲がっていることが多いですよね。整骨医のジョセフ・マーコラ博士によれば、スマホを頻繁に使用する人は、痛みや筋肉の痙攣、および慢性疾患を発症する可能性が高いそうです。

03.
目の疲れ・痛みの原因にも

85singo_0005_Layer-Comp-622-600x600

小さな携帯電話の画面に、長時間目を集中させることは非常に危険だそう。あなたの目やひたい、こめかみに、何時間もの間ズキズキと痛みが発生する可能性も。「ドライアイ症候群」の発症を防ぐためにも、長時間の携帯電話の使用を控えましょう。

04.
注意力がおよそ4割も低下

85singo_0003_Layer-Comp-422-600x600

「カーネギーメロン大学」の研究者は、スマホを使いながら他の人の話に耳を傾ける人の脳機能が、37%も低下することを発見しました。悲しいことに、複数の研究で同じ結果が出ているようです。注意力とその継続時間が短くなるとか。

仕事が雑になり、会話にも集中できなくなってしまうかもしれません。

05.
眠れなくなる

85singo_0001_Layer-Comp-221-600x600

ベッドにスマホを持っていく人は多いはず。動画を見たり、メールをしたり、一般的ですよね。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。