体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

”ダイニング”がテーマ「新生活のためのテーブルと椅子展。」開催

生活・趣味
diningtalk_01 英国を代表する老舗家具メーカー・アーコール(ercol)やクラシックな米国家具を取り扱うダニエル。

2016年1月7日(木)から19日(火)まで、東京・新宿の新宿パークタワー 1Fアトリウムで、リビングデザインセンターOZONE主催の展示「DINING TALK 新生活のためのテーブルと椅子展。」が開催されます。

本展は、ダイニング空間の「テーブルと椅子」に焦点をあてた企画展。展示内容は大きく2つあり、1つはシーン別に上手な選び方、組み合わせ方を紹介するもの。そのポイントを実物展示をまじえて紹介します。

もう1つは、各インテリアショールームによる「新生活の家具ベストセレクション」。家具に精通するスタッフがすすめるテーブルと椅子が紹介されます。参加ショールームは14店。個性豊かなダイニング家具およそ50点が勢揃いします。

新年を迎え、新生活の準備を始める人も多い季節。新たな生活のダイニングを考えている方にはぴったりの企画です。また、現在のダイニング空間がさらに快適になるヒントが見つかるかもしれません。

連動企画として、2016年1月7日(木)~12日(火)には「OZONEインテリアフェスタ2016 winter HELLO! NEW LIFE」も開催。新生活をテーマに家具やインテリアを見直す機会としてみてください。

diningtalk_02 北イタリアを中心とした家具ブランドを取り扱う「モービレ モービリ」からは、ディティールにこだわるイタリアの家具職人ならではの美しいダイニング家具を紹介。 diningtalk_03 環境先進国・オーストリアに本社をもつTEAM7(ティームセブン)。自然素材のみを使用し、有害物質をまったく含まない住空間の実現に最初に本格的に取組んだメーカーです。 diningtalk_04 北欧の家具や生活用品を揃えるショールーム・ノルディックフォルムからは北欧のヴィンテージ家具をコーディネート。 diningtalk_05 デザイナー・小林幹也氏による「TAIYOU no SHITA」は、新作デザインを紹介。天童木工のダイニングテーブル&チェアと一枚板テーブルが並ぶ。 DINING TALK 新生活のためのテーブルと椅子展。
1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会